ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市民サービスの向上 > 【提言】窓口での手続きについて

【提言】窓口での手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月28日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

  子供を保育園へ通わせるため窓口に直接行って説明を受けましたが、いざ入所手続きを進めると、説明時に必要ないと言われた書類が必要となり、慌てて書類を揃えることになりました。その後も保育料が二重に引き落とされるということがありましたが、その手続きは誰が対応したのか分からないと言われました。
 また、婚姻届の提出の際には、次の日になって「その他に必要な書類があったので」と別の書類も提出するよう連絡が来ました。
 今後このような事がないように、チェックシートなどを作り、窓口で相談者と一緒に確認するようにしてはいかがでしょうか?
また、手続きを処理した担当者が後でもわかるような工夫も必要ではないでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 窓口にお越しいただいた際の複数の手続きにおいて、職員の不手際により重ねてご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 窓口での手続きにつきましては、必要なチェック項目の新設などを行い、提出が必要な書類を職員がご本人とともに確認しあえるようにいたします。また、保育料などの口座振替事務は複数の職員による確認を徹底するとともに、処理経過が分かるようにしていきます。
 窓口での丁寧な対応に心掛けますとともに、接遇向上が図られるよう、一層努めてまいります。

ご案内

回答の担当課 

子育て支援課、市民課