ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > その他 > 【提言】市内の一時停止等交通規制の多さについて

【提言】市内の一時停止等交通規制の多さについて

ページID:0069314 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月27日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 飯田市内は見通しの良いところでも一時停止が多く、車の流れを止めています。これが住みにくい街となり、人が来ない原因になっているのではないでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 一時停止規制は、一時停止すべき場所を指定して交差点通行の優先順位を明確にすることにより、交通事故の未然防止、危険防止の措置を徹底し、交差点の安全で円滑な交通を図ることを目的に長野県公安委員会が設置しているものです。見通しが良い交差点であっても一時停止や一方通行等の規制がある場合には、その交通環境上で必要な交通規制として実施されているものと考えています。
 人が多く訪れるまち、住みやすいまちには円滑な交通が欠かせない、とのまちづくりへの大切なご指摘と受け止めていますが、市では、円滑で快適な交通は、第一に安全な交通の確保があってこそ図れるものと認識しており、皆様の交通安全意識の高揚をさらに図ることとあわせ、これからも様々な交通安全施策に取り組んでまいりますので、引き続きご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、交通規制に関する要望は各地区のまちづくり委員会等で取りまとめたものを危機管理室が一括し、飯田警察署を通じ長野県公安委員会に提出しています。通行量や交通環境の変化により必要性が無くなった交通規制についても、「交通規制要望」として長野県公安委員会に撤去を要望しますので、必要性のない交通規制がされている具体的な箇所がある場合には、各地区の自治振興センター、または地区のまちづくり委員会等の交通安全関係の役員を通じてご要望くださいますようお願いいたします。

ご案内

回答の担当課 

危機管理室