ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 地域の魅力を生かした観光 > 【提言】焼肉のまちのアピールについて

【提言】焼肉のまちのアピールについて

ページID:0071095 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月14日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 飯田市は人口当たりの焼肉店の数が全国一とされているようですが、一般には焼肉のまちとしては、ほとんど知られてはいないのが現状でないでしょうか。観光の一環としてのPRやアピールの推進が必要だと思います。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 飯田市では、飯田市出身のものまね芸人ニッチロー‘さんに「飯田市産業親善大使 飯田焼肉大使」に就任いただき、飯田の焼肉のアピールとなる活動を展開していただいています。また、南信州農産物ブランド推進協議会(※)が中心となって「飯田焼肉ノ地図帖」を作成したり、同協議会ウェブサイトで焼肉、食肉文化情報を発信したりするなどの取り組みを行っています。
 こうした取り組みに加えて、焼肉のまちをPRしたいと考えている他の市町村との「焼肉食文化のまち連合(仮称)」を設立する準備を現在進めており、「焼肉」という食文化を通じた自治体同士の連携によりさらに発信力を高めたてまいりたいと考えています。
 飯田市が「焼肉のまち」であることで消費拡大と観光誘客につながるよう、今後も情報発信に努めてまいります。また、焼肉に限らず、この地域の観光資源を効果的に発信し、地域の様々な魅力がより多くの皆様に伝わるよう、取り組んでまいります。

※南信州畜産物ブランド推進協議会
畜産物の生産・流通・販売に携わる事業者によって構成。畜産物のブランド化を図るとともに、当地域の特徴ある食肉文化や日本一の焼肉のまちとしての認知度を高めることで、消費拡大及び観光誘客につなげるために各種事業を実施している。

 

ご案内

回答の担当課 

IIDAブランド推進課、農業課