ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 環境に配慮した循環型のまちづくり > 【提言】電気自動車の普及推進策について

【提言】電気自動車の普及推進策について

ページID:0072939 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月12日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 温暖化防止対策の具体的な有効手段として電気自動車の普及は必須ではないでしょうか。そこで、次の電気自動車購入推進策を提言します。
 ・飯田市役所に無料急速充電スポットを設置
 ・電気自動車購入補助金の交付
 無料の充電スポットがあれば、電気自動車の所有者が出かけてくれるようになるのではないでしょうか。環境モデル都市として、飯田市にも無料急速充電スポットを設置して欲しいと思っています。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 飯田市は、全国でも数少ない「環境モデル都市」の選定を受け、いいだ環境プランや環境モデル都市行動計画を策定し、低炭素社会の実現に向けた取り組みを展開しています。
 ご提案は、充電スポットの充実が電気自動車購入の動機につながることと、電気自動車を所有される方にとって無料充電スポットがあること自体がその場所を訪れるきっかけになることへのご指摘と受け止めています。
 現在、電気自動車の充電スポットは市内25か所にあり、市有施設では「道の駅 遠山郷」に設置しています。宿泊施設など観光に関連した場所への設置が多く見受けられるところですが、市役所への設置につきましては、すでに設置されている充電スポットの状況も考慮しつつ、次世代自動車を普及させていくためのインフラ整備のあり方とあわせて検討してまいります。
 また、電気自動車購入の補助制度につきましては、現在実施している蓄電システムの補助制度の改訂を含めて、導入への検討を重ねてまいります。
 電気自動車は、地球温暖化対策のみならず、非常用電源として活用できるなど災害対策の観点からも有用と考えており、市業務において活用するなどの普及啓発を通じて、次世代自動車への転換の促進に今後も取り組んでまいります。

案内

回答の担当課 

環境モデル都市推進課