ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】回覧板の取り扱いについて

ページID:0074972 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月9日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するニューノーマルの中で、キャッシュレス化やペーパーレス化が進んでいます。回覧板の持ち歩きによる感染拡大リスクがあると思いますので、ご検討をお願いします。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 地区や市からの連絡文書等を皆様に周知するための回覧板の巡回は、地区のまちづくり委員会が取り扱っています。
 市ではウェブサイトやソーシャルネットワークサービスなど、新たな媒体による情報発信にも取り組んでいますが、高齢化が進む中、ペーパーレス化された情報に対応できるご家庭ばかりではないため、広報いいだをはじめとする市政情報や市からのお知らせの多くは紙媒体で作成されており、今後も回覧板による周知に頼らざるを得ないと考えています。
 まちづくり委員会に対しましては、活動の実施にあたって感染症対策にも努めていただくよう、折に触れて依頼していますが、回覧板の取扱いにつきましても、回覧時に3密状態を作らないことやマスク着用等による咳エチケットの心がけ、取り扱い後の手指消毒など、新しい生活様式に合わせた対応をお願いしてあります。
 また、うつらない、うつさないためにできることを一人ひとりが確実に行ってくことが、当地域での感染拡大防止につながると考えており、市民の皆様の感染防止対策へのお取り組みに感謝いたしますとともに、今後も新しい生活様式に合わせたお取り組みをご継続いただけますよう、呼びかけてまいります。

案内

回答の担当課 

秘書広報課、ムトスまちづくり推進課