ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市の施設などへの要望 > 【提言】公園の施設整備について

【提言】公園の施設整備について

ページID:0075188 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月23日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 幼児が二人います。公園で遊ばせたいのですが、遊具がある公園自体が少なく、あっても遊具は古く、草が生え、安心安全に遊ばせられる公園が少な過ぎて困っています。
 また、トイレもオムツ替えシート等もなく、しかも不衛生な和式ばかりです。今時和式トイレを好んで使う方がどれ程いるのでしょう。どの世代の方にも不便があるような公園には行きたくないのではないでしょうか。
 災害時には避難所になりうる可能性が高いのに、使いにくいトイレ環境や設備では死活問題だと思います。市内全部の公園内のトイレをリニューアルするのはいかがでしょうか。また、公園自体をリニューアルするのはいかがでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 市が管理する約90箇所の公園や緑地につきましては、少なくとも月に一度の巡視点検を実施するとともに、遊具については定期点検を年4回実施し、安全を確認しています。また、その他の公園を含めて、施設の維持補修・樹木の剪定・トイレ清掃などを業者委託により行っているほか、除草や清掃作業などの日常管理を愛護会等へお願いするなど、多くの皆様のご協力もいただきながら、維持管理に努めているところです。
 一方、地区管理のものなど市が管理主体ではない公園もあるため、こうした点検や維持管理に当てはまらないこともございます。遊具やトイレなどの施設の不具合や日常管理が追いついていないなど、市内の公園のことでお気づきのことがありましたら、市から管理者に通報しますので、ご連絡くださいますよう、お願いいたします。
 古くなった遊具や施設につきましては、都市公園35箇所を対象とする都市公園長寿命化対策事業の中で、年6箇所ほどの更新を計画的に進めているほか、災害時の避難地に指定されている公園の園路やスロープ、階段の手すり等の整備も進めています。こうした事業を計画的に進めるなかで、市が管理する公園のトイレのうち約84%を洋式化してきましたが、いただいたご意見を今後の施設整備の参考とさせていただきます。
 今後、地元の皆様の協力や管理体制を模索しながら、安全な公園を安心して使っていただけるよう、さらなる環境整備に努めてまいります。

案内

回答の担当課 

土木課