ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市の施設などへの要望 > 【提言】展示されている機関車の移設について

【提言】展示されている機関車の移設について

ページID:0077491 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月21日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 扇町公園に展示されているD51は苔が生えて、錆も多いし失った部品も多く、最近は残念な状態となっています。
 目立たない立地ですが、せっかくの歴史的記念物です。保管できないのなら雨ざらしで放置するよりそれなりの施設に移設すべきではないでしょうか。引き取り手はあると思います。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 扇町公園に展示されている機関車につきましては、飯田ライオンズクラブの皆さんはじめ市民の皆様の協力により、昭和47年に国鉄(現在のJR東海)から市への貸与が実現したものです。
 以前から修繕や展示場所の変更などへのご意見はいただいており、所有者のJR東海や地域の皆さまとも協議をしましたが、大きさなどの関係から移転にはかなりの費用が掛かる見込みであるなど、移転先確保を含め課題は大きく、現状では「現在の場所で展示し管理を続ける」との判断となっています。
 設置から半世紀近くが経ち、ご指摘くださいましたように車体の老朽化は否めない状況ですが、多くの皆様の協力により設置された経緯、多くの方々に親しまれていることも踏まえ、できる限りの管理に努めてまいります。
 現在の管理として、数年に一度の塗装を含め、関係する市民の皆さんとの協働で年4回以上の清掃と点検作業を行っています。こうした作業などにご協力いただける方のご参加をお待ちしていますので、ぜひご連絡をいただきたく存じます。また、引き取り手に関する情報がございましたら、ご提供くださいますよう重ねてお願いいたします。

案内

回答の担当課 

観光課