ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】公立保育園の延長保育について

ページID:0077689 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月28日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 同じ市立の保育園であるにもかかわらず、延長保育がある園とない園があるは不公平ではないしょうか。
 子どもが通っている園に延長保育がないと、保護者が転職や就労時間を長くしたくてもできないですし、共働きの時代に合っていないと思います。
 市内で延長保育をやっていない公立保育園は2園あるようですが、全ての園で延長保育を実施してください。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 飯田市は、全地区に保育標準時間(11時間)の保育サービスがあるまちを目指して取り組んでいます。しかしながら、安心・安全な保育サービスを提供するために必要となる保育士の慢性的な不足が課題となっています。
 この課題に地域ぐるみで対処できるよう、公立保育園では地元人材の協力・協働による運営手法「地域協働型運営モデル」を取り入れ、朝や夕方の時間帯の保育人材として延長保育などに対応していただくなど、まちづくり委員会や保護者会の皆様にご理解とご協力をいただいているところです。
 ご提言いただいた保育短時間(8時間)の公立保育園2園につきましても、地域協働型運営モデルによる保育人材の確保の研究を進め、地域の保育ニーズに対応した延長保育の実施について検討してまいります。

案内

回答の担当課 

子育て支援課