ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > いきいきと暮らせるまちづくり > 【提言】初めての乳幼児健診には対応や配慮を細やかにしてほしい

【提言】初めての乳幼児健診には対応や配慮を細やかにしてほしい

ページID:0079564 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月1日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 股関節の健診と4か月健診を済ませましたが、その際に保健師の方の配慮が足りないように思いました。
 第一子で初めての健診でしたが、どうすればいいのか戸惑うこともあり、説明不足とも感じました。
 役割分担や連携をもう一度考えていただき、初めて健診を受ける母親の立場に立った、細やかな対応をしてほしいと思います。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 お子さまの初めての健診であったことに加えてコロナ禍の対応でお願いすることもあるなど、ご不安の中、スタッフの声かけが足らずご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
 飯田市では、現在、コロナ禍でも乳幼児健診等が安心・安全に行われ、受診される方が育児で分からないことや悩んでいることなどを解決できる健診となるよう、保健師・栄養士・歯科衛生士等のスタッフを増員し実施しています。
 配慮が必要だと感じられたことやそれ以外のことについても、私どもが考えるきっかけとなりますので、健診など、具体的にお伝えいただく機会がございましたら、身近なスタッフにお声かけください。
 いただきましたご提言をすべてのスタッフで共有、確認し、受診しやすい健診方法や、受診される方の気持ちに寄り添ったスタッフ対応の質の向上に努めます。今後もお子さまがこころも身体も健やかに成長していくことを一緒に考える機会「健診」を、大切に考えてまいります。
 なお、飯田市の保健師は地区担当制となっており、りんご庁舎、各地区自治振興センターに駐在し、子育てをはじめ皆さまの健康に関する相談を受け付けています。健診などの場でなくとも、ご心配なことがあればいつでもご相談ください。

ご案内

回答の担当課 

保健課