ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > いきいきと暮らせるまちづくり > 【提言】コロナワクチン接種券同封の説明文書の表現がわかりづらい

【提言】コロナワクチン接種券同封の説明文書の表現がわかりづらい

ページID:79564212 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月22日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 コロナワクチン接種券に同封の「新型コロナワクチン接種のお知らせ」では、「接種券」と「接種済証」がセットになったものを「クーポン券」と表現していてとても分かりづらく、封筒に入れ忘れたかと思って問い合わせてしまいました。同様の質問が複数あったようです。
 市役所の文書は「表現力」に乏しく、市民の「理解力」に依存しています。わかりやすくするために普通の言葉で表現すると、「クーポン券」ではなくて「シール」です。どうしても「クーポン券」と呼びたいのなら接種券に「クーポン券」とはっきり書くべきだと思います。

市からの回答

 この度は貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 ご指摘のとおり、「新型コロナワクチン接種のお知らせ」では、「接種券」と「接種済証」がセットになったものを「クーポン券」と表現していたにもかかわらず、当該接種券には「クーポン券」の表記がないため、どの書類を指しているのかわかりづらく、受け取られた皆様を混乱させてしまいました。
 今後につきましては、すでに印刷してある「新型コロナワクチン接種のお知らせ」には別途説明文書を同封し、これから作成するお知らせについては、ご提案を参考に、「クーポン券」という表記を見直し、わかりやすい案内に努めてまいります。

ご案内

回答の担当課 

保健課