ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市民サービスの向上 > 【提言】市立病院の対応について

【提言】市立病院の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月23日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 がん検診精密検査となり、市立病院に電話したところ、「○○時まで受付なので来てください」と言われて行きました。
 受付をして、内科の受付に案内され、一度看護師さんに呼ばれて話を聞きました。その後、1時間待たされ、「呼吸器の先生は信大から来るので、今日はいません」「□□病院か△△病院に行って紹介状を書いてもらってくれば予約ができます」と追い返されました。
 先生がいないのなら、最初から言っていただきたい。

市からの回答

 この度は、「やらまいか提言」に市立病院の対応についてのご提言をいただき、ありがとうございました。
 まずは、飯田市立病院にご来院の際、長時間お待たせしてしまい、不快な思いをお掛けしたことをお詫び申し上げます。
 現在、飯田市立病院では呼吸器内科の常勤医師は在籍しておらず、週2回、信州大学から医師の派遣をいただき診療にあたっていますが、医師の不足は如何ともしがたく、大変ご不便をおかけしている状況です。
 このような状況ですので、まずは、お電話いただいた時、あるいは来院された時点で、そのような状況であることをご説明すべきでした。改めてお詫び申し上げます。
 この度いただきましたご意見は、担当職員はもちろんのこと、各部門の管理者にも伝え、患者さんの視点で対応するよう、今後に活かしてまいります。
 それと共に、患者さんが安心して受診していただけるよう、信州大学に対し常勤医の派遣依頼を続けており、信州大学以外にも呼吸器内科医の公募を行っています。今後も、常勤医の配置に向け努力してまいります。
 飯田市立病院は、飯田下伊那地域の中核病院として大きな責任と役割を担っているものと考えております。まだまだ不足している部分もありますが、これからも地域の皆さんに信頼される病院を目指して、地域医療を支えるための努力を続けてまいります。

  回答の担当課

市立病院庶務課