ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 安全で安心できる生活 > 【提言】行政無線を通しての黙祷の実施について

【提言】行政無線を通しての黙祷の実施について

ページID:0031973 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 飯田市は、毎年東日本大震災が起きた時刻に行政無線を使って市民に黙祷を呼びかけていないようですが、なぜやらないのですか?
 他の市では実施しているところが多いようです。

市からの回答

  この度は、行政無線を通しての黙祷の実施について貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。
 当市では、行政無線は、火災や行方不明者の告知など人命にかかわる内容を広く市民にお知らせする際に使用しております。
 以前、行政無線をもう少し広い用途で使用していたことがありましたが、市民の皆さんの中には、疾病や高齢のため就寝中の方、乳幼児を抱えた子育て中のご家族などがいらっしゃり、「行政無線はもっと限定的に使用して欲しい」というご意見をいただいた経過もございます。
 そうしたご意見も踏まえて検討し、当市では、行政無線は緊急性の高い災害等のみに使用しておりますので、ご了解ください。
 なお、大震災や戦争などで亡くなられた方々に追悼の意を表しご冥福を祈ることは、当然のことながら大切であると認識しております。
 現在でも、市内公共施設や学校施設などでは黙祷を実施しておりますが、今後は、広報いいだやホームページなどにより市民の皆さんに広く呼び掛けるよう努めてまいります。 

回答の担当課

危機管理室、秘書課