ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 地域活動への支援、市民と行政の協働 > 【提言】公共施設マネジメントに伴う避難所確保について

【提言】公共施設マネジメントに伴う避難所確保について

ページID:0034271 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月2日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 公共施設マネジメントの方針は自然な考え方であり、適切に運用を進めてほしいが、公共施設の統廃合により、最寄りの避難所が別の場所へ移動する例も出てくるものと想定される。
 お年寄りや子どもが災害時に移動するには、ある程度の面積内に避難場所があることが望ましいことから、公共施設の取捨選択と避難場所確保の兼ね合いをどう考えるのか。
 地域によっては、民間事業者と協定を結んで避難場所機能を提供してもらいっている事例があり、必要な機能を備えた民間事業者等と連携しながら、一定面積内に避難所を確保していくことを提言したい。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「公共施設マネジメントに伴う避難所確保」についてのご提言をいただき、ありがとうございました。

 今後、「公共施設マネジメント基本方針」に従って、各公共施設の具体的な取扱いを検討していく中で、施設の統廃合に伴い避難場所の再配置等を行う必要が生じる場合も出てくるものと考えます。
 避難所に指定されている公共施設の統廃合に当たっては、地域住民の皆さんと協議を行い、ご提言にあった民間事業者との協定も含め、必要な機能確保などについても十分考慮して進めたいと考えています。
 なお、民間事業者の協力が得られた施設等については、これまでも避難所として指定しており、今後も協力を得られた施設については指定を進めていく方針です。
 引き続き、市政に対しご提言・ご協力いただければ幸いです。

回答の担当課

財政課、危機管理室