ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 地域の魅力を生かした観光 > 【提言】りんごんの曲に歌詞をつけることについて

【提言】りんごんの曲に歌詞をつけることについて

ページID:0035147 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月6日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 りんごんに愛着がもてるよう、歌詞をつけてみてはどうでしょうか。
 「ほい、おいな~」に変わる掛け声(ふるさと 飯田 など)これからリニア時代と呼ばれる飯田市として、りんごんを変えていきましょう。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「りんごんの曲に歌詞をつけること」についてのご提言をいただき、ありがとうございました。

 「飯田りんごん」は、誰もが楽しめる踊りのまつりをつくりたいという市民の熱意により、今から34年前に誕生しました。
 踊りで使われている曲は、屋台獅子に象徴される伝統的な獅子舞のお囃子などの要素を取り入れ、長く親しまれていますが、最近ではシンセサイザーを使用するなど、時代に合わせたアレンジを行いながら受け継がれてきています。
 一方、掛け声である「りんごん、りんごん、ホイおいな~」は、公式に定めたものではなく、踊りを楽しむ方々の間で自然に広まり、親しまれてきているものです。
 幅広い世代で長く親しまれてきた経緯から考えると、新しく歌詞や掛け声を公式に定めることは難しいと考えます。
 現在は、アレンジ部門を設けたことにより、自分たちなりに工夫した独自の掛け声で踊りを楽しんでいる方々も多く見受けられるようになりました。
 正調踊りと呼ばれる本来の踊り方を大切にしながら、それぞれの形での踊りも楽しんでいただくことで、これからもみなさんに親しんでいただける「飯田りんごん」にしていきたいと考えております。

回答の担当課

  観光課