ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市の施設などへの要望 > 【提言】現在の場所に庁舎を建て替えたメリットについて

【提言】現在の場所に庁舎を建て替えたメリットについて

ページID:0036791 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 市役所庁舎を現在の場所へ建替えたメリットを教えてください。
 リニア新駅が上郷地区にできた場合、新たに駅周辺が整備され経済産業の中心となると思います。
 リニア駅から市役所へ向かおうとする都会の人に、飯田線に乗り換えて飯田駅から徒歩で到着と発信するのでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「現在の場所に庁舎を建て替えたメリット」についてご意見をお寄せいただきありがとうございました。
 新庁舎をこれまでの庁舎位置としたことは、リニア中央新幹線を利用して飯田市にお越しいただく県外の方より、市内にお住まいの方の利便性を第一に考え、JR飯田線を始めとする公共交通のご利用を含めた交通アクセスの利便性や他の公共施設との連携、既存の都市施設のストックも活用しやすい立地であること等を総合的に勘案した結果です。
 また、中心市街地活性化の観点からも、既存庁舎の耐震改修による利活用と併せて、現在の位置へ新庁舎を建設いたしました。
 一方、リニア駅及び駅周辺地域に関しては「広域交通拠点」とし、自動車、鉄道、路線バス等のアクセス機能への乗り換えの利便性を高めるため、交通結節点(トランジットハブ)としての機能整備に取り組むこととしております。
 具体時には、バス、タクシーなどの多様な交通手段の確保やJR飯田線とリニア駅を結ぶ新駅の設置を検討し、中心市街地へのアクセス手段について議論してまいります。

回答の担当課

 リニア推進課、庁舎整備推進課