ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > プレスリリース > 市学校職員の不祥事について

市学校職員の不祥事について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

市学校職員の不祥事について

 

概要

 市学校職員飯田市立座光寺小学校勤務の久保大輔(くぼ だいすけ)教諭が、住居侵入未遂の疑いで逮捕された。飯田警察署によると、当該職員は令和元年7月31日午前8時5分頃から同日午前8時15分までの間、飯田市上郷黒田のアパート居室に侵入しようとしたが、家人が在宅しているのに気づき逃走した。

 

教育長コメント

 

 教育公務員として、人として、起きてはならない事案であるとともに、教職員の非違行為防止に向け、飯田市教育委員会及び小中学校、また教育界全体でも取り組んでいる中で、このような事案が発生したことは、大変遺憾であります。

 学校職員を監督すべき飯田市教育委員会といたしまして、校長ともども、まずは被害にあわれた方にご迷惑をおかけしまして、心より深くお詫び申し上げます。そして、座光寺小学校の児童・保護者の皆様、市民の皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

 子どもたちの心のケアにしっかり取り組んでまいりますとともに、今後、どのような研修や再発防止策に取り組んでいくべきか、検討してまいりたいと思います。