ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 生涯学習・講習 飯田アカデミア第103講座を開催します(飯田市歴史研究所)

本文

飯田アカデミア第103講座を開催します(飯田市歴史研究所)

ページID:2024062223 更新日:2024年5月21日更新 印刷ページ表示

「日本古代の牧と馬」

  講 師:山口 英男 (やまぐち  ひでお)さん (元東京大学史料編纂所教授)                    

 

    歴史研究所

令和6年6月22日(土曜日)

第1講 13時30分〜15時00分

 馬の飼育と牧の役割 ー古代の牧の実態ー

第2講 15時15分〜16時45分

 奈良・平安時代の牧の制度と変遷

令和6年6月23日(日曜日)

第3講 9時00分〜10時30分

 御牧と駒牽の歴史的意味

第4講 10時45分〜12時15分

 信濃の牧・伊那谷の牧

 

講師より 

 日本古代史の分野では、馬を生産・育成する牧をめぐる研究がここ30年ほどで大きく進展しました。牧の遺跡の調査が各地で行われるようになり、近年では自然科学的な同位体分析の手法を用いて、信濃・甲斐・上野を含む東日本内陸部を産地とする馬が宮都(藤原京)で利用されていたことを明らかにする成果も公表されています。文献史料に基づいた古代の牧と馬に関する理解が進んだことが、研究の深化の基盤となりました。古代の牧がどのような形で存在し、馬の生産・飼育・供給を行っていたのか。そのことが、日本の歴史、地域の歴史を知る上でどのような意味を持つのか。信濃や伊那谷に関わる話題も取り上げながらわかりやすくお話ししたいと思います。

 

詳細

会 場  飯田市役所 C棟3階会議室 長野県飯田市大久保町2534

資料代  500円 ※高校生以下無料 

受講方法 1.会場での受講
     2.ご自宅等でのオンライン受講 のどちらか

     ※1講義のみの受講も可能です

申込方法 会場受講は6月20日(木曜日)、オンライン受講は6月8日(土曜日)まで
     電話、FAX、メールのいずれかで受講場所と電話番号をお知らせください。
     オンライン受講は、郵便番号とご住所もお知らせください。
     ※日曜日・月曜日・祝日は休所 

☆飯田アカデミアは、歴史学における第一線の研究者に、最新の研究成果をわかりやすく紹介していだたくものです。

関連ファイル

飯田アカデミア103 (PDFファイル/2.93MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)