ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 歴史研究所 > 太田 仙一 (研究員)

太田 仙一 (研究員)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月26日更新

太田 仙一 (おおた せんいち) 飯田市歴史研究所研究員

専門

 日本近代史

担当

  • 歴史的公文書調査

  • 近現代長野県下伊那地域を対象とする経済・経営史的分析

研究テーマ

 下伊那地域の近現代の経済発展を、企業とのかかわりに着目しながら研究していきます。

具体的には、歴史研究所に所蔵されている天龍社資料を活用した経営史的分析や、遠山の山林を所有した王子製紙の分析によって、企業と地域社会の関わりを分析してみたいと考えています。

主な研究業績

論文

  • 「郵便汽船三菱会社の高級船員と三菱商業学校」((『三菱史料館論集』第16号、2015年)

  • 「郵便汽船三菱会社の組織形成―「調役」機能とその要員に着目して」(『三菱史料館論集』第17号、2016年)

  • 「郵便汽船三菱会社の支社機能とその要員」(『三菱史料館論集』第18号、2017年)

  • 「郵便汽船三菱会社における教育事業の展開―三菱商業学校の運営を通して」(『三菱史料館論集』第19号、2018年)

共著