ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 納税 > 新型コロナウイルス感染症等に係る徴収猶予の特例制度について

新型コロナウイルス感染症等に係る徴収猶予の特例制度について

ページID:0079316 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月28日更新

「新型コロナウイルス感染症等に係る徴収猶予の特例制度」は終了しました

令和2年4月30日に地方税法が改正されたことにより新設されました「新型コロナウイルス感染症等に係る徴収猶予の特例制度」は、申請の締め切り日(令和3年2月1日)を過ぎたため、受け付けを終了いたしました。

既に特例制度を受けられた方は、こちらをご覧ください:徴収猶予の特例制度を受けられた方へ (PDFファイル/211KB)

特例制度の活用(以下の内容は継続しています)

軽自動車税について徴収猶予の特例を受けた場合

従来、軽自動車の継続検査(車検)を申請する際には、軽自動車税の納税証明書を提示する必要がありますが、軽自動車税の猶予を受けている期間中に、対象車両の継続検査を申請する場合は、徴収猶予許可通知書を提示することで、継続検査を受けることができます。
(この場合、許可通知書に自動車登録番号等が記載されていることが必要です。)

お問い合わせ先

詳しくは、以下までお問い合わせください。
【納税課】 電話:0265-22-4511(内線5145) ※平日8時30分~17時15分

関連リンク

新型コロナウイルス感染症等の影響により納税が困難な方へ(市税等の徴収猶予について)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)