ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 地区情報 > 地区情報 > 山本 > 飯田市 山本地区

飯田市 山本地区

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月18日更新

山本地区で住宅地分譲を行っています

飯田市では、山本地区にある二ッ山市営住宅の建替え工事が終了し、敷地として利用しない土地について、宅地分譲をおこなっています。

分譲の概要

 若い世代・子育て世代の方に定住してもらうための取り組みを実施しております。その取り組みとして、飯田市と山本地域づくり委員会振興交交流部会が中心となり協議を重ね、協動で分譲を実施しています

 ○区 画 数  11区画(第1回公募で1区画決定しました。)

 ○区画面積  300~312平方メートル

 ○区画価格  約307万円~318万円

          ※上下水道は、敷地内まで整備されています。

 ○募集期間などは、 市広報誌、ホームページでお知らせします。

    <平成30年度の募集期間>

    第2回目:平成30年12月3日(月曜日)から平成31年1月9日(水曜日)         

    第3回目:平成31年2月1日(金曜日)から平成31年2月28日(木曜日)

     ※土日・祝日・年末年始(12月29日(土曜日)から1月3日(金曜日))を除きます。

     ※8時30分から17時15分までの間に、直接、山本自治振興センター(飯田市山本3378番地)へお持ちください。

     

------------------------------------

   <リンク>申し込み方法など詳しくはこちらをご覧ください。

     応募資格・条件や書類(申込書・要綱)など掲載してあります。

     http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/29/hutatuyamabunnjou.html [地域計画課]

------------------------------------

分譲周辺写真

  分譲地 周辺 

 

山本地区の概要です

 山本で子育て、暮らすための、ほんの一部の概要です。参考にご覧ください。


   ○山本地区の場所は?

   (1)子育ては?

   (2)生活は?

   (3)コミュニティは?

   (4)杵原広場は?

○山本地区の場所は?

「美しく、心豊かに、集うさと 山本」
 この言葉を旗印に、人々が楽しめる地域、住んでよかった、来てみてよかったと言われる地域を皆で目指しています。

 山本地区の人口は 4,858人です。(飯田市 102,012人) 平成30年(2018年)3月31日現在
 山本地区には4つの地域(山本区・竹佐区・箱川区・久米区)があります。

1 山本地区

山本地区 (PDFファイル/1.6MB)    

(1)子育ては?

○山本地区には、保育園が3園(分園含む)、小学校が1校あります。中学校は、隣の地区にある中学校に通います。
○山本児童センターは、放課後18時30分迄開館しています。
○世代交流センターにて、乳幼児学級を開講しています。スタッフは、保健師・保育士・公民館・図書館です。

  なかよし広場(0・1歳対象・約20回/年)

  ちびっこ広場(2・3歳児対象・約15回/年)

○図書館は、分館で公民館・山本自治振興センターとの併設です。
  水曜、土曜日、日曜日会館で、利用時間は曜日により違います。

------------------------------------

   <リンク>詳しくはこちらをご覧ください。

    http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/42/lib-yamamoto.html [中央図書館 山本分館]

------------------------------------

○杵原広場(旧山本中学校跡地)

 地区の夏祭り、運動会、春の桜まつり、フォトコンテスト、そして、小学生を対象に毎月子ども教室や夏休み期間中のデイキャンプも開催しています。
○野球、剣道、柔道、空手、詩吟等の少年クラブ活動も盛んです。

子育て

子育て (PDFファイル/4.16MB)

(2)生活は?

 山本地区内には、三遠南信自動車道と中央自動車のJacともいえる飯田山本インターチェンジがあり交通の便が良く、また、国道153号と混雑時には回避できる西部山麓線が生活道路として利用されています。国道153号は広域バス駒場線が利用できます。(箱川・久米区では市民バス・乗合りタクシーもご利用できます。
 飯田市役所 山本自治振興センターでは、各種証明・手続きの窓口業務、保健師、公民館主事が業務をします。
 

生活

生活 (PDFファイル/3.56MB)

(3)コミュニティは?

 山本地区には、山本区、竹佐区、箱川区、久米区の4区あり各区で祭典や区行事等を実施しています。
 公民館では、各種団体の会合やイベント等の会場として利用されています。

コミュニティ

コミュニティ (PDFファイル/2.51MB)

(4)杵原広場

 杵原広場(旧山本中学校跡地)では、地区の夏祭り、運動会、春の桜まつり、そして、小学生を対象に毎月子ども教室や夏休みのデイキャンプも開催しています。
 新制中学校校舎として、全国で初めて「登録有形文化財」に登録されました。
 登録年月日は、平成17年12月26日(同月27日告示)
 所在地は、長野県飯田市竹佐377番地1

 大切に保存するのではなく、大切に使って遺しています。

------------------------------------

 <リンク>詳しくはこちらをご覧ください。

  https://www.city.iida.lg.jp/site/yuiturn/page-eid559.html [結いターンキャリアデザイン室]

------------------------------------

杵原広場

杵原広場 (PDFファイル/7.46MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)