ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市のプロフィール > 統計情報 > 【注意喚起】「かたり調査」にご注意ください

【注意喚起】「かたり調査」にご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月16日更新

統計調査員は必ず身分証を携行しています。

長野県内で、個人のお宅を訪問し、総務省統計局を名乗って個人情報を聞き出そうとする事案が発生しました。

統計調査の調査員は必ず身分証を携行して調査のお願いをしております。
また、統計調査の際にいきなり電話で個人情報を聞き出すことはありません。
政府統計を装い、紛らわしい表示や説明をして情報を得る不正(いわゆる「かたり調査」)に対しては
統計法で罰則規定(2年以下の懲役または100万円以下の罰金、未遂も含む)が定められています。

不審に思われた際には、調査員証の掲示を求め、調査名と調査員名を聞き取りのうえ
総務文書課 統計係(電話0265-22-4511 内線2114)までご連絡ください。

統計調査を装った不審メール情報

最近、統計局の統計調査を装った不審メールが不特定多数の方に送付されています。

総務省統計局及び独立法人統計センターとは一切関係ありません。

統計局からメールで調査のお願いをするようなことはありません。

メールの内容

「統計センター」所長の「佐々木瑞樹」なる者からの協力依頼で、

「消費傾向統計調査」を実施しており「10万円を支給」するので、使途内容を報告してほしいというものです。

メール本文には統計局で実施している調査の広報素材を模した画像が添付されており、

統計局の調査と誤解を招く内容となっております。

不審なメールを受信した場合

  • 絶対に返信しないでください。
  • 添付ファイルは開かないでください。
  • 統計調査を装ったメールを受信した場合には総務文書課統計係へご連絡ください。

 

統計局のホームページでも、不審メールについての注意喚起を行っています。

 統計局ホームページ(外部リンク)