ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 施設案内 > 各種相談窓口 > 性的指向や性自認に関する相談
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 相談窓口 > 性的指向や性自認に関する相談

性的指向や性自認に関する相談

ページID:0069930 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月26日更新

LGBTという言葉を聞いたことがありますか。LGBTは、以下の頭文字をとって組み合わせた言葉です。

L:レズビアン 心の性が女性で恋愛対象も女性

G:ゲイ 心の性が男性で恋愛対象も男性

B:バイセクシャル 恋愛対象が女性にも男性にも向いている

T:トランスジェンダー 身体の性と心の性が一致しない人

LGBTと性的少数者(セクシャルマイノリティ)は同意語で使われることもあります。また、男性女性どちらにも恋愛感情を抱かない人、自分自身の性を決められない人、決めたくない人、など様々な人がいます。

最近では、LGBTの他に、SOGIE(ソジーまたはソジ):Sexual Orientation性的指向,Gender Identity性自認,Gender Expression性表現、という用語も出始めています。

このページでは、すべてを含めた表現にはなりませんがLGBTと表記します。

LGBTに関する公的な統計はありませんが、様々な調査により人口の3%から8%程度と言われています。8%とすると、およそ13人に1人が存在することとなり、決して少なくない人数です。

しかし、LGBTに対する正しい理解は進んでいません。重要な人権課題のひとつととらえています。

「性的少数者」「セクシャルマイノリティ」と呼ばれることに抵抗のある人もいたり、「LGBT」という言葉が、当事者に受け入れられているかといえばそうとも言い切れません。

当事者の悩みは、それぞれ種類も深さも異なっています。また悩みをかかえていることや、生活していく上での困難さはなかなか見えにくく、また、デリケートな部分を含んでいることから、顕在化しづらい状況です。

相談方法

飯田市では、LGBTの悩みは、下記窓口でお伺いします。専門の相談員はおりませんが、お話をお伺いしています。

男女共同参画課 

毎週月曜日から金曜日 8時30分~17時15分 電話または来訪 内線5452

身体的な相談や精神的な相談、子どもに関する相談など、内容によっては、担当の部署におつなぎしてお伺いすることもあります。

関連情報

以下に記載の団体等は、飯田市の管理下にはありません。そのため、リンク先の内容やアクセスをきっかけに被った損害等について、飯田市が責任を負うものではありません。

リンク先のウェブサイトで得られた情報、内容、意見、主張、考え方等は、それぞれの団体または個人に帰属し、飯田市の意見や主張ではありません。

リンク先へのアクセスは、あくまでもアクセスする方の責任において行ってくださるようお願いします。

 

法務省 性の多様性について考えるページ(外部リンク)

厚生労働省 性同一性障害に関するページ(外部リンク)

よりそいホットライン(外部リンク)

GID(性同一性障害)学会(外部リンク)

公益社団法人日本精神神経学会(外部リンク)

日本性同一性障害・性別違和と共に生きる人々の会(gid.jp)(外部リンク)