ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > スポーツ関連情報 > 第32回大会コース

第32回大会コース

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

第32回大会 コースのご案内

市内コース

1日目:4月28日(土曜日)は市内南西部を巡るコース

2日目:4月29日(日曜日)は市内北部~隣接する高森町を巡るコースです。

 

距離

出発式

時刻

スタート

時刻

コースの特徴

4月28日(土曜日)

40km

6時50分

7時00分

<名勝天龍峡までの起伏に富んだ市内一周コース>

妙琴公園・小笠原書院などを巡り、天龍峡から天竜川沿いの桜並木を歩きます。

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」〔長野5〕認定コース

竜東コース

16km

7時45分

8時00分

<風越山と対岸の美しい眺望を楽しむコース>

風の学舎、旧瀧澤医院などを巡り、天竜川東岸から風越山を見ながら歩きます。

10km

<自然に親しむ公園めぐりコース>

野底山森林公園から遊歩道を抜け、飯田市街を眼下に下り、かざこし子どもの森公園の中を歩きます。

焼肉コース

10km

<ウォーキングの後うまい焼肉を楽しむコース>

10kmコースをウォーキングした後、出前焼肉の形式で、南信州のうまい肉を味わいます。

7km

<風越コース>

城下町飯田の風情を愉しみながら、市街地の史跡等を観光ガイドの案内で団体歩行で巡ります。(このコースは、ガイドと歩く団体歩行です。ゆっくりとしたスピードで歩きますことをご承知置きください。)

4月29日(日曜日)

30km

6時50分

7時00分

<眼下に広がるりんごの花の絨毯を堪能し田園地帯を巡るコース>

果樹栽培の盛んな北部地域から、隣接する高森町まで足を伸ばし、自然の中を歩きます。

20km

<飯田市から高森町へ田園地帯を巡るコース>

果樹栽培の盛んな北部地域から、隣接する高森町まで足を伸ばし、自然の中を歩きます。

10km

7時50分

8時00分

<人形浄瑠璃の里・黒田コース>

人形浄瑠璃・黒田人形の里と竹田扇之助記念国際糸繰り人形館、元善光寺を巡ります。

ノルディック体験

5km

<ノルディック・ウォーク体験コース>

インストラクターと一緒に下記5kmコースを歩きます。※定員100名、ポール有料貸出あり。集合時間8時15分(事前講習あり)

5km

<飯田市街と子どもの森公園を巡る親子で愉しむコース>

飯田市街地を歩く比較的平坦なコース。りんご並木を抜け赤門や美術博物館を巡り、市街地を歩きます。(比較的平らで障がいのある方でも気軽に参加できる「ほっとすまいるコース」もご用意しています。)

歩育

3km

8時30分8時40分

<小学生未満の子どもとその親子で愉しむコース>

小学生未満の子どもと家族などを対象としたコース。各チェックポイントでは、ちょっとしたお楽しみも用意しています。保護者・引率者同伴でご参加ください。

舟下りコース(定員150名)

河岸段丘をめぐり、弁天港~時又港まで天竜舟下り(外部リンク)を楽しみます。

豪快な舟下りを愉しんだ後は、名勝「天龍峡」を経てゴールに向かいます

4月28日(土曜日)主会場よりスタート(7時00分) 21Km歩行

※弁天港にて、30分~1時間程度お待ちいただく場合がございます。ご了承の上、お申し込みください。

大平(おおだいら)コース(40名定員)

第1回大会から続く伝統のコースです。豊かな自然の中、未舗装路を歩きます。※道路の状況によりコース変更もあります。
※今大会では大平宿における宿泊は行いません。

28日

(土曜日)

(出発式6時50分)

主会場スタート

スタート7時00分

バス送迎

大平着

8時00分頃

(鳩打林道)

22km

主会場着

14時00分頃

“いろりの里大平“ (生活原体験の場)

 いろりの里大平宿は、信州木曽路と伊那谷を結ぶ大平街道の中間地の中央アルプス小盆地としてあり、昭和30年代日本のどこにでもあった集落風景が、今もそのままの民家群として現存しています。江戸・明治・大正時代に建てられた民家です。

注意事項

市内コースは各コースのスタート時刻から20分後に、舟下りコース、大平コース、歩育コースはスタート直後にアンカーが出発します。
参加者の安全確保のため、アンカー出発後の参加はできませんのでご注意ください。