ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 飯田市森林整備計画を樹立しました

飯田市森林整備計画を樹立しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 飯田市の民有林施業等の指針とするものです。今後の森林・林業施策に活かすため、公表いたします。

経過

 飯田市森林整備計画は、飯田市の森林・林業施策の方向や森林所有者等が行う伐採・造林・間伐などの民有林施業の指針などを定めた10年間の計画です。
森林法に基づき、県が策定する伊那谷地域森林計画に合わせて5年ごとに見直し、策定を行っており、平成30年3月に、平成30年4月1日から10年間の計画期間で策定しました。

計画の概要

  • 飯田市の総面積は、65,866haです。その内、森林面積は55,597haで、総面積の84%を占めています。森林面積の内、民有林の面積は40,361haです。 民有林の内、40%、16,436haが人工林となります。
  • 森林の持つ多面的機能を総合的かつ高度に発揮させるため、産業振興を図りながら、重視すべき機能に応じた森林施業を行います。特に人工林については、健全な森林資源の維持増進のため間伐・搬出間伐を推進し、また、木材生産可能な成熟した人工林は、保育主体の森林施業から更新伐等の主伐への転換を推進し、木質資源の持続的活用に結び付けます。
  • 人工林を健全な状態で維持していくためには、間伐は必要不可欠な作業です。飯田市では民有林で目標間伐面積を10年間で3,000haに設定しました。うち、搬出を伴う間伐は面積で1,100ha、搬出材積で60,000m3を目標とします。

   詳しくは関連ファイル「飯田市森林整備計画書(H30.4.1)」をご覧ください。

関連ファイル

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)