○飯田市病院等料金条例施行規則

平成17年8月11日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、飯田市病院等料金条例(昭和44年飯田市条例第45号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(料金の額)

第2条 条例別表に規定する市長が規則で定める料金の額は、別表のとおりとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月26日規則第64号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第30号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の規定は、施行日以後に係る料金について適用し、施行日前に係る料金については、なお従前の例による。

(飯田市立診療所条例施行規則の一部改正)

3 飯田市立診療所条例施行規則(平成17年飯田市規則第52号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

附 則(平成19年6月11日規則第42号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年7月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の規定は、施行日以後に係る料金について適用し、施行日前に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(平成20年6月10日規則第31号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年7月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の3の規定は、施行日以後受けた診察に係る料金について適用し、施行日前に受けた診察に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(平成20年6月30日規則第37号)

(施行期日)

1 第1条の規定は平成20年7月1日から、第2条の規定は平成20年8月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 第2条の規定による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の規定は、施行日以後の入院に係る料金について適用し、施行日前の入院に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(平成20年12月12日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年1月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則の規定(以下「新規則の規定」という。)は、施行日以後の分娩室への入室に係る料金について適用し、施行日前の分娩室への入室に係る料金については、なお従前の例による。ただし、施行日前の分娩室への入室に係る料金で、出産が施行日以後となったものについては、新規則の規定を適用する。

附 則(平成21年6月11日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年8月28日規則第26号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則の規定(以下「新規則の規定」という。)は、施行日以後の分娩室への入室に係る料金について適用し、施行日前の分娩室への入室に係る料金については、なお従前の例による。ただし、施行日前の分娩室への入室に係る料金で、出産が施行日以後となったものについては、新規則の規定を適用する。

附 則(平成22年3月26日規則第14号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年1月28日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の9の規定は、施行日以後に検査を受ける者に係る料金について適用し、施行日前に検査を受けた者に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(平成26年3月31日規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(文書料に係る経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の1の規定は、施行日以後に交付の申出があった文書に係る料金について適用し、施行日前に交付の申出があった文書に係る料金については、なお従前の例による。

(入院差額料に係る経過措置)

3 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の8の規定は、施行日以後の入院に係る料金について適用し、施行日前の入院に係る料金については、なお従前の例による。

(人間ドック検査料に係る経過措置)

4 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の9の規定は、施行日以後に行った検査に係る料金について適用し、施行日前に行った検査に係る料金については、なお従前の例による。

(セカンドオピニオン料金に係る経過措置)

5 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の10の規定は、施行日以後に行った医師の意見若しくは説明の聴取又は相談に係る料金について適用し、施行日前に行った医師の意見若しくは説明の聴取又は相談に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(平成26年12月1日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則中第1条の規定は公布の日(以下「第1条の施行日」という。)から、第2条の規定は平成27年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則の規定(以下「新規則の規定」という。)は、第1条の施行日以後に分娩した場合に係る分娩料について適用する。この場合において、第1条の施行日前に分娩室に入室し、かつ、第1条の施行日以後に分娩した場合に係る分娩料については、新規則の規定を適用する。

附 則(平成27年3月25日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年12月2日規則第33号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年1月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の1の規定は、施行日以後に交付の申出があった文書に係る料金について適用し、施行日前に交付の申出があった文書に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月6日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、令和元年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(文書料に係る経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則(以下「改正規則」という。)別表の1の規定は、施行日以後に交付の申出があった文書に係る料金について適用し、施行日前に交付の申出があった文書に係る料金については、なお従前の例による。

(人工妊娠中絶料に係る経過措置)

3 改正規則別表の5の規定は、施行日以後に行った人工妊娠中絶に係る料金について適用し、施行日前に行った人工妊娠中絶に係る料金については、なお従前の例による。

(入院差額料に係る経過措置)

4 改正規則別表の8の規定は、施行日以後の入院に係る料金について適用し、施行日前の入院に係る料金については、なお従前の例による。

(人間ドック検査料に係る経過措置)

5 改正規則別表の9の規定は、施行日以後に行った検査に係る料金について適用し、施行日前に行った検査に係る料金については、なお従前の例による。

(セカンドオピニオン料金に係る経過措置)

6 改正規則別表の10の規定は、施行日以後に行った医師の意見若しくは説明の聴取又は相談に係る料金について適用し、施行日前に行った医師の意見若しくは説明の聴取又は相談に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(令和元年12月26日規則第21号)

この規則は、令和2年1月14日から施行する。

附 則(令和2年9月30日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の飯田市病院等料金条例施行規則別表の11の規定は、施行日以後に行った美容外来の診療に係る料金について適用し、施行日前に行った美容外来の診療に係る料金については、なお従前の例による。

附 則(令和3年2月25日規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の別表の9の規定は、施行日以後に検査を受ける者の検査料について適用し、施行日前に検査を開始し、かつ、施行日以後に当該検査が完了する者の検査料については、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

1 文書料

区分

単位

金額

備考

(1) 死亡診断書

1通

5,500円

同種2通以上にわたる場合は、1通を増すごとに基本料金の2分の1を加算した額とする。

(2) 死体検案書

11,000円

(3) 生命保険の死亡診断書

生命保険受領用診断書

5,500円

(4) 普通診断書

診断書(病院様式及び簡単なもの)

2,200円

診断書(外字文及び複雑なもの)

3,300円

生命保険受領用診断書

5,500円

(5) 特別診断書

保育園等入所用診断書

1,100円

介護保健施設等入所用診断書

2,200円

特定疾患臨床調査個人票

3,300円

身体障害者診断書

5,500円

特別障害者手当認定用診断書

11,000円

(6) 身体検査書

健康診断書(学生)

1,100円

健康診断書(一般)

2,200円

(7) 年金用、自賠責用診断書

交通災害共済診断書

2,200円

自賠責用診断書

3,300円

障害年金診断書

5,500円

年金用診断書

11,000円

(8) 証明書

納入証明書

550円

通院証明書

2,200円

出産一時金請求証明書

1,100円

出生証明書

2,200円

診療報酬明細書

3,300円

診療内容紹介書

3,300円

保険金受領用証明書

5,500円

2 健康診断料

区分

単位

金額

備考

健康診断料(諸検査料を除く。)

1件

院長が別に定める額

 

3 妊婦診察料

区分

単位

金額

備考

妊婦健診料(諸検査料を除く。)

医師が健康診査を行った場合

1件

6,000円

 

助産師が健康診査を行った場合

5,040円

4 分べんに係る料金

区分

金額

備考

(1) 分娩料

単胎

平日

196,000円

1 平日、時間外及び休日又は深夜の別は、分娩した時間によるものとする。

2 時間外とは、平日の午後5時15分から翌日の午前8時30分まで(深夜を除く。)をいう。

3 休日とは、飯田市の休日を定める条例(平成元年飯田市条例第40号)第1条第1項各号に規定する日をいう。

4 深夜とは、午後10時から翌日の午前6時までをいう。

5 4胎以上は、3胎の金額に1胎につき16,000円を加えた額とする。

時間外

219,000円

休日又は深夜

241,000円

双胎

平日

303,000円

時間外

337,000円

休日又は深夜

371,000円

3胎

平日

409,000円

時間外

455,000円

休日又は深夜

500,000円

無痛分娩加算

68,000円

(2) 帝王切開時分娩介助料

単胎

145,000円

3胎以上は、双胎の金額に1胎につき16,000円を加えた額とする。

双胎

187,000円

5 人工妊娠中絶料

区分

単位

金額

備考

(1) 妊娠12週未満

1件

71,500円

 

(2) 妊娠12週以上22週未満

88,000円

6 新生児管理保育料

区分

単位

金額

備考

新生児管理保育

1日

8,000円

 

7 体外受精・胚移植料

区分

単位

金額

備考

体外受精・胚移植料

1回

院長が別に定める額

 

8 入院差額料

区分

単位

金額

特別室

助産に係る場合

1日1人

8,000円

助産以外の場合

1日1人

8,800円

個室A

助産に係る場合

1日1人

3,000円

助産以外の場合

1日1人

3,300円

個室B

助産に係る場合

1日1人

2,700円

助産以外の場合

1日1人

2,970円

9 人間ドック検査料

区分

単位

金額

備考

通院2日

1回

65,450円

1 特別な検査を必要とする場合は、院長が別に定める額を加算する。

2 胃部検査を実施しない場合は、11,000円を減算する。

1日

47,300円

10 セカンドオピニオン料金

区分

単位

金額

備考

セカンドオピニオン料金(条例第1条に規定する病院等(以下「病院等」という。)以外の医療機関において診療を受けている者、その家族等が、当該診療について病院等の医師に意見若しくは説明を聴き、又は相談することに係る料金をいう。)

1回30分まで

11,000円

1回が30分を超えるときは、当該超える時間につき30分までごとに5,500円を加算する。

11 美容外来に係る料金

区分

単位

金額

備考

(1) 美容外来初診料(美容外来において受けた初診に係る料金をいう。)

1回

3,300円

1 区分(4)から(11)まで又は(13)に掲げる手術又は処置のいずれかを行った日に係る再診料は、納付を要しない。

2 区分 (12)の処置を行った日に係る初診料又は再診料は、納付を要しない。

3 再診の時間が15分を超えるときは、当該超える時間につき15分までごとに2,200円を加算する。

(2) 美容外来再診料(美容外来において受けた再診に係る料金をいう。)

1回15分まで

1,100円

(3) メディカルスキンケア指導料

1件

2,200円


(4) 埋没法重けん

両側

1件

88,000円


片側

1件

55,000円

(5) 切開法重瞼術

両側

1件

220,000円


片側

1件

154,000円

(6) 目頭形成術

両側

1件

154,000円


片側

1件

88,000円

(7) 下眼瞼除すう

両側

1件

275,000円


片側

1件

165,000円

(8) 下眼瞼脂肪除去

両側

1件

110,000円


片側

1件

66,000円

(9) 下眼瞼下制術

両側

1件

154,000円


片側

1件

88,000円

(10) その他眼瞼手術

両側

1件

院長が別に定める額


片側

1件

(11) レーザー機器を用いての除去処置

ほくろ、いぼ等1か所

1ミリメートル

3,300円


2ミリメートル

5,500円

3ミリメートル

7,700円

追加1ミリメートルごと

3,300円

脂漏性角化症

長径5ミリメートルごと

5,500円

多発で5センチメートル四方当たり

33,000円

顔面脂腺腫

1個

1,100円

多発で2センチメートル四方当たり

22,000円

酒さ又は鼻瘤

鼻の3分の1の広さ

33,000円

頸部アクロコルドン

5個まで

1,100円

多発で頸部前面の4分の1の広さ

22,000円

シミ

1ショット

1,100円

入れ墨

10センチメートル四方当たり

110,000円

その他レーザー処置

1件

院長が別に定める額

(12) ピアス穴あけ

両側

1件

3,300円

ピアス代を含まない。

片側

1件

2,200円

(13) ピーリング等

1件

5,500円

使用する薬剤等の費用を含まない。




イオン導入を併せた処置

1件

7,150円

エレクトロポレーションを併せた処置

1件

7,150円

エレクトロポレーションとイオン導入を併せた処置

1件

9,350円

ピーリングを行わず、エレクトロポレーションとイオン導入を併せた処置

1件

4,400円

背中

1件

9,900円

その他部位のピーリング処置

1件

院長が別に定める額

(14) ピアス、薬剤、材料、化粧品その他美容外来の診療に係る料金


院長が別に定める額


12 1から11までに規定するもの以外のもの

区分

単位

金額

備考

(1) 特別初診料(飯田市立病院において受けた初診に係る料金をいう。)

1件

院長が別に定める額

 

(2) 特別再診料(飯田市立病院において受けた1の月における2回目以後の診療に係る料金をいう。)

1件

院長が別に定める額

 

(3) 特別長期入院料(病院その他の保険医療機関への180日を超える入院に係る料金をいう。)

1日

院長が別に定める額

180日を超える入院が、厚生労働大臣が定める基準に該当する場合は、納付を要しない。

(4) 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)第14条第1項又は同法第19条の2第1項に規定する承認を受けた者が製造し、又は輸入した当該承認に係る医薬品の投与(当該承認を受けた日から起算して90日以内に行われるものに限る。)に係る料金

1処方

院長が別に定める額

 

(5) 寝具等使用料

1日

購入価格等を基準として院長が定める額

 

(6) 自動車利用料

1回

自動車使用に係る実費を基準として院長が定める額

 

(7) 移送料(健康保険法等に規定する移送の経費のうち、自動車利用料として徴収するものを除く。)

1回

飯田市職員等の旅費に関する条例(昭和32年飯田市条例第43号)別表に定める額

 

(8) 特殊な医療、施設等の利用に係る料金

 

院長が別に定める額

 

飯田市病院等料金条例施行規則

平成17年8月11日 規則第15号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第9類 保健・衛生・環境/第2章
沿革情報
平成17年8月11日 規則第15号
平成17年12月26日 規則第64号
平成19年3月30日 規則第30号
平成19年6月11日 規則第42号
平成20年6月10日 規則第31号
平成20年6月30日 規則第37号
平成20年12月12日 規則第48号
平成21年6月11日 規則第17号
平成21年8月28日 規則第26号
平成22年3月26日 規則第14号
平成23年1月28日 規則第2号
平成26年3月31日 規則第19号
平成26年12月1日 規則第50号
平成27年3月25日 規則第3号
平成28年12月2日 規則第33号
令和元年9月6日 規則第6号
令和元年12月26日 規則第21号
令和2年9月30日 規則第48号
令和3年2月25日 規則第7号