ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ごみの出し方
ごみ集積所に出せないもの
大型・大量のごみが出た場合
3Rの推進(リデュース・リユース・リサイクル)
資源物回収をされる団体へ
飯田市最終処分場(埋立ごみの埋め立て地)
ごみに関する計画及び状況
不法投棄の防止、ごみの野焼きの禁止
ごみ焼却処理施設(燃やすごみの焼却場)
稲葉クリーンセンターへの移行に伴うごみ分別内容等の変更

粗大ごみの戸別収集

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月31日更新

家庭から排出される粗大ごみ(ごみ集積所に出せない大きさのごみ)について、運搬手段がなく処理施設へ直接持ち込むことができない世帯に対して、有料による戸別収集を実施します。(地区ごとに受付期間が決まっています。【表2】を参照)

収集の対象になるもの

 ○応接セット、机、たんす、本棚、大型ステレオ、ソファー、大型健康器具など

 ○家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)※購入したお店などで引き取ってもらえないもに限る。

 ○ガラスびん(資源ごみ(金属)の指定ごみ袋に色を分けて入れたもので4袋以上の場合。)

収集の対象にならないもの

 ○農業や飲食業などの事業活動に伴って発生したもの、パソコン、スプリング入りマットレス、縦・横・高さの合計が500センチメートル以上のもの

申し込みから収集までの流れ

1 処分する粗大ごみの大きさを測り、メモをとる

 ○粗大ごみの3辺(縦、横、高さ)の長さを測り、メモ用紙等に記録する。

 ○ガラスびんは中をゆすいで汚れを落とし、無色透明・茶色・その他色に分けて資源ごみ(金属)のごみ袋に入れ、色ごとに袋の数を記録する。

2 窓口で申し込み手続きを行う

 ○長さなどを記録したメモ用紙と処理手数料(【表1】を参照)を持参し、環境課または各地区自治振興センターで申し込む。

 ※3辺の長さの合計を【表1】に当てはめて、処理手数料をご確認ください。ガラス瓶は、指定ごみ袋の数により処理手数料をご確認ください。

 ※複数の粗大ごみを排出する場合は、1つずつ長さを記録して、それぞれに処理手数料を確認してください。

 ※家電4品目は、別途リサイクル料金の支払いが必要です。市の窓口での申し込みの前に、郵便局窓口で処分する家電のメーカー・大きさ(インチ数や容量)を伝えて、リサイクル料金を支払い、「家電リサイクル券」を受け取り、申し込みの際に持参してください。

 ※申込手続き後、市の窓口にて「飯田市粗大ごみ収集ステッカー」を粗大ごみ1つにつき、1枚お渡しします。

3 収集日を決定する

 ○申込受付月の下旬までに、収集業者から申込者へ電話連絡をするので、収集日を決定してください。

4 収集日に粗大ごみを出す

 ○決定した収集日に、玄関先など収集車両(2トン車)が進入できる場所(道路幅2.5メートル以上)へ、粗大ごみに「飯田市粗大ごみ収集ステッカー」を貼り付けて、搬出する。

 ※家電4品目については、「家電リサイクル券」を正面から見て右側面上部へ貼り付けておいてください。

 ※たんすや棚、冷蔵庫などの中身(部品は除く)は空にしてください。

 ※収集は、申込受付月の下旬を予定しています。

 ※収集業者は、家の中に入って粗大ごみを運び出すことはできません。

 

【表1】 粗大ごみの処理手数料(粗大ごみ1つにつき)

たて、よこ、高さの合計

手数料

150cm未満

1,150円

150cm以上 200cm未満

1,800円

200cm以上 250cm未満

2,450円

250cm以上 300cm未満

3,100円

300cm以上 350cm未満

3,750円

350cm以上 400cm未満

4,400円

400cm以上 450cm未満

5,050円

450cm以上 500cm未満

5,700円

500cm以上

収集しません

 ※ガラスびんの処理手数料

 4袋の場合:1,800円  5~8袋の場合:2,450円  9~10袋の場合:3,100円

 

【表2】 対象地区と受付期間

受付期間(土・日・祝日を除く)

対象地区

平成29年11月1日(水曜日)~11月9日(木曜日)

橋北、橋南、羽場、丸山、東野、松尾、下久堅、上久堅、鼎、上村、南信濃

平成29年12月1日(金曜日)~12月8日(金曜日)

山本、伊賀良

平成30年 1月4日(木曜日)~ 1月12日(金曜日)

座光寺、上郷、千代、龍江、竜丘、川路、三穂