ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > いきいきと暮らせるまちづくり > 【提言】誹謗中傷等被害相談窓口の相談状況について

【提言】誹謗中傷等被害相談窓口の相談状況について

ページID:0320226 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月12日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

「誹謗中傷をしないこと」について力を入れていますが、それほど被害が多いのかと不安になります。
昨年1月から今年3月までの相談件数を教えてください。

 

市からの回答

令和2年12月の新型コロナ誹謗中傷等被害相談窓口では、開設から令和4年3月までに合計28件の相談・問い合わせを受け付けました。月別の相談件数は下記のとおりです。

窓口開設当初は、新型コロナ感染に関する根拠のない情報の拡散についての相談がほとんどでした。
それ以降は、新型コロナ感染やワクチン未接種への嫌がらせ、職場復帰する際の不安、葬儀など県外と往来がある際の近隣住民の態度への不安、行事に参加する際の誹謗中傷などです。

飯田市では、これまで新型コロナウイルス感染や医療従事者に対する差別や偏見のない社会を目指す啓発運動「シトラスリボンプロジェクト」を広めてきました。シトラスリボンの3つの輪が表す「地域」「職場・学校」「家庭」において、根拠のない情報を広めたり、誹謗中傷をしたりすることのないよう引き続き啓発活動に取り組んでまいります。

誹謗中傷等被害相談窓口相談件数

 

ご案内

回答の担当課 

共生・協働推進課