ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 飯田市版総合戦略について

飯田市版総合戦略について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月31日更新

飯田市版総合戦略

 人口減少と東京一極集中に歯止めをかけ、地域社会の維持・活性化に向けた施策を展開するため、「まち・ひと・しごと創生法」に規定する市町村版総合戦略として、飯田市版総合戦略を策定しました。

 飯田市版総合戦略では、飯田市がこれまで培ってきた「強み」とリニア中央新幹線や三遠南信自動車道開通のプラス効果を最大限活かし、地域産業の発展、移住・定住の促進、子育て支援、環境と経済の好循環を目的とした4つの柱に取り組みます。

・計画期間は、2015(平成27)年度から2019(令和元)年度までの5年間として進めてきましたが、次期「飯田市版総合戦略」の策定にあたっては、事業の有効性の観点から「いいだ未来デザイン2028基本的方向」と一体化するため、現行の総合戦略を2020(令和2)年度まで延長して取り組みます。

・柱ごとに数値目標や重要業績評価指標(Kpi)を設定しています。

 

関連ファイル

飯田市版総合戦略(R2.3修正) (PDFファイル/1.18MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)