ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境 > 環境保全・公害 > 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会について

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月15日更新

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会とは

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会は、関係団体が連携し、その活動を広げ、地質遺産を保全し、教育・学習資源として活用するとともに、観光資源と連携したジオツーリズムを構築することにより、地域振興に寄与することを目的として、伊那市、飯田市、富士見町、大鹿村及び目的に賛同する団体で構成する協議会(会長:伊那市長)です。

事業内容について

  1. ジオパーク資源の保全に関する事業
  2. ジオパーク資源を活用した教育啓発及び観光に関する事業
  3. 地域連携、情報発信等に関する事業
  4. その他目的を達成するために必要な事業

 以上の事業を推進していきます。

その他

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの概要、イベント情報等については、下記のリンクをご覧ください。

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークについて(外部リンク)