ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 福祉関係 > 飯田市GPS機能付端末利用補助事業について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 高齢者・介護 > 飯田市GPS機能付端末利用補助事業について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 高齢者 > 飯田市GPS機能付端末利用補助事業について

飯田市GPS機能付端末利用補助事業について

ページID:0098633 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月9日更新

飯田市GPS機能付端末利用補助事業 (令和4年度4月から)

GPS支援を必要とする認知症高齢者(※)の安全を確保し、介護をする家族等の精神的負担及び経済的負担を図ることを目的に、新たにGPS機能付端末の利用を開始する認知症高齢者を介護している家族等へ補助金を交付します。

 

対象となる認知症高齢者(※)

(1)~(5)のいずれにも該当する方。

(1)飯田市に住民票があること。

(2)介護支援専門員が作成した介護サービス計画またはこの計画の作成のためのアセスメントシートに、一人で外出した際に目的地への到着若しくは帰宅をすることができない事実またはそのおそれのあることが記載されていること。

(3)要介護認定者若しくは要支援認定者または事業対象者(必要なサービスの適否を判断するために国が定めた基本チェックリストにおいて、介護予防・日常生活支援サービス事業の利用が必要と判定された人)であること。

(4)医療、介護等の施設への入所をせず、在宅で介護を受けていること。

(5)市税、介護保険料及び後期高齢者医療保険料の滞納がないこと。

 

補助金の交付対象となる家族等(介護者)

(1)~(4)のいずれにも該当する方。

(1)対象高齢者の家族その他の対象高齢者の介護を在宅で行っている方。

(2)市税、介護保険料及び後期高齢者医療保険料を完納している家族等であること。

(3)飯田市暴力団排除条例(平成23年飯田市条例第34号)第2条第2号に規定する暴力団員または同条例第6条第1項に規定する暴力団関係者でないこと。

(4)この要綱以外の要綱に基づき、GPS機能付端末の利用に関する補助金等を受けていないこと。

 

事業の内容

補助対象経費  (本文と合わせて、参考例をご確認ください。)

令和4年4月1日以降に、新規にGPS機能付端末を購入またはレンタルの開始に要した初期費用の一部

・補助の交付は、対象高齢者1人につき1回限りです。

・GPS機能付端末の破損、紛失等による修理及び再購入に要する費用は入りません。

・毎月の使用料及びレンタル料は入りません。

補助金の額

付属品等の購入費用を含めた初期費用のうち、係った費用または上限10,000円

 

申請について

GPS機能付端末の購入またはレンタルの開始(領収書の発行)から、1年間以内に申請してください。

できる限りすみやかに申請を行ってください。(購入後、3か月以内を目安として)

 

提出書類

次の(1)~(6)の書類を提出してください。

(1)補助金交付申請書 (様式第1号)

(2)アセスメントシート・ケアプラン第1~3表

初期費用を支払った期日がサービス提供実施期間に含まれるケアプランおよびケアプラン作成のもととなるアセスメントシート

(3)実績報告書 (様式第2号)

(4)新規にGPS機能付端末の購入またはレンタルの契約に係る初期費用の明細が記載された領収書の写し(申請日以前1年以内に発行されたものに限る。)

(5)GPS機能付端末の利用に関する契約書の写し

(6)完納証明書 (飯田市以外に住所を有する申請者の方)

 

申請について

申請を希望する方は、要綱等をご確認の上、市役所長寿支援課へご相談ください。

 

飯田市GPS機能付端末利用補助事業補助金交付要綱 (PDFファイル/99KB)

補助金交付について(ご案内) (PDFファイル/115KB)

補助対象経費(参考例) (PDFファイル/37KB)

補助金交付申請書(様式第1号)、実績報告書(様式第2号) (PDFファイル/87KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)