ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害危険住宅対策事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

災害危険住宅の改修を補助します

 土砂災害に対して安全な構造となる住宅などへの改修を促進し、災害に強いまちづくりを進めるため、土砂災害特別警戒区域内の既存建築物の改修に必要な費用を支援します。

イメージ図
 

補助の対象

次のすべての要件を満たす建築物

(1)住宅・建築物が土砂災害特別警戒区域(土砂災害防止法第9条)内の建築物

(2)建築基準法施行令第80条の3の規定について既存不適格である建築物

(3)土砂災害対策改修工事の結果、土砂災害に対して安全な構造となる建築物(建築基準法施行令第80条の3の規定に適合する構造となる建築物)

補助の額など

・補助額 対象経費の23%以内の額

・補助対象限度額 住宅・建築物の土砂災害対策改修に要する経費(330万円を限度)

・補助限度額 759,000円

関連リンク