ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 歴史・風土 > 「飯田下伊那の少年たちの満州日記」(改訂版)
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市が発行した刊行物 > 郷土史関連 > 「飯田下伊那の少年たちの満州日記」(改訂版)
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 学習情報 > 「飯田下伊那の少年たちの満州日記」(改訂版)

「飯田下伊那の少年たちの満州日記」(改訂版)

ページID:0077116 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月8日更新

『飯田下伊那の少年たちの満州日記』(改訂版)

少年たちの満洲日記(改訂版)

 

 この冊子は、飯田下伊那の2人の青少年、松島格次と江塚栄司の日記を翻刻したものです。

松島格次は満蒙開拓青少年義勇軍として義勇軍内原訓練所へ入所した日から約10か月にわたって満州の一面坡(イイメンパ)訓練所での生活等、日々の出来事や思いを綴っています。義勇軍としての誇りと自覚を持った

少年の眼から見た記録です。江塚栄司の日記は、松尾青年学校在学中に満州の長野県報国農場へ夏季40日間勤労奉仕隊として赴いた時のもので、満州農業についての講義録と日々の出来事を綴った日記部分からなり、

満州農業の実態を知る上でも貴重な史料です。

 このたび、昨年10月に発行した初版本の内容に、脚注の増設のほか、義勇軍日記のタイトルを「魂」とした由来について「解題」での考察等を加筆し改訂版として発行いたしました。

  

飯田市歴史研究所 編集・発行

2020年6月刊行

B5判 119頁 定価300円

 

 

問い合わせ

 飯田市歴史研究所
 電話0265‐53‐4670

 過去に発行した年報やその他の出版物については、下記のリンクからご覧ください。

関連リンク

飯田市歴史研究所の出版物一覧