ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 納税 > 市税等のスマホ決済サービスを利用した納付方法

市税等のスマホ決済サービスを利用した納付方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月27日更新

令和2年12月1日から、スマホ決済サービスを利用した市税等の納付ができるようになります。

 スマホ決済とは、ご自分のスマートフォンの端末で、対応アプリ[PayPay、LINE Pay]を起動して、納付書のバーコードを読み取り、アプリの登録口座やチャージ残高から納付手続きを行うものです。 ※ 納付書の読み込みや納付には、必ずスマートフォンと対応アプリが必要です。

スマホ決済サービスを利用して納付できる市税など

市県民税(普通徴収)固定資産税(都市計画税を含む)軽自動車税(種別割)
国民健康保険税(普通徴収)後期高齢者医療保険料(普通徴収)介護保険料(普通徴収)

※ いずれも普通徴収分です。特別徴収分については、給与や年金から天引きされます。

利用可能なスマートフォンアプリ

PayPay請求書払い(外部リンク)

LINE Pay請求書支払い(外部リンク)

利用の流れ   ※詳しくは、上記利用可能なスマートフォンアプリの提供元にご確認ください。

(1)お持ちのスマートフォンでアプリを起動

(2)納付書のバーコードをスキャン

(3)内容を確認して支払い

ご注意ください!

領収書は発行されません。納付した内容はアプリ内の支払い履歴などで確認し、手元に控えてください。
  また、領収印のない納付書が手元に残りますので、二重納付にご注意ください。

● 領収書が必要な場合は、金融機関やコンビニ、市の収納窓口などにおいて現金で納付してください。
  同様に、スマホ決済サービスを利用して納付した場合、車検用軽自動車税納税証明書の発行には別途申請が必要となりますので、お急ぎの場合は現金で納付してください。

以下に該当する場合は、スマホ決済サービスを利用した納付ができません。
 ☑ バーコード印字のない納付書
 ☑ 納付金額が決済サービスの利用上限金額を超えるもの(各サービスの提供元にご確認ください)

● 現在口座振替を利用されている方で、スマートフォン決済アプリを利用する場合は、金融機関窓口で口座振替の解約手続きをしていただく必要があります。

スマホ決済サービスを利用した納付以外の納付方法

 市税等は、スマホ決済サービスを利用した納付のほか、口座振替や現金による納付方法があります。
 詳細は、関連リンクをご覧ください。

関連リンク

市税等の納付方法及び証明書について

市税等納期のご案内