ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 飯田市議会 > 飯田市議会議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について
議長・副議長の紹介
議員の紹介
市議会とは
飯田市自治基本条例について
会議予定と結果
会議録の閲覧について
議会運営委員会について
常任委員会の取り組み
特別委員会の取り組み
全員協議会について
広報・広聴の取り組み
議会改革の取り組み
検討委員会の取り組み
政策討論会
議員提案条例について
政務活動費について
請願・陳情について
傍聴について
行政視察受け入れについて
各種プロジェクト
議会事務局について
行事・イベント

飯田市議会議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

ページID:0031674 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月20日更新

飯田市議会議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

 議員は非常勤特別職であることから、勤務時間や休日の定義はありません。したがって、欠勤という考え方は存在しないことから、一般の会社員や自治体の職員が長期に欠勤した場合などのように減給の対象とはなりません。

 しかし、支給される報酬の財源は、市民から預かる税金であり、近年では市民感情も考慮して、公務による傷病などを除く長期の欠席の場合、報酬の不支給や減額の規定を設ける議会も少なくありません。

 このような状況に鑑みて、飯田市議会としても、議員の職責を全うし、議会への市民の信頼の確保を図る観点から、報酬に関して、減額に関する条例を新たに設けたいとするものです。

 平成27年3月20日に議会議案として上程し、本会議にて可決しました。

飯田市議会議員の議員報酬の特例に関する条例 (PDFファイル/68KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)