ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症について

ページID:0073228 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月25日更新

新型コロナウイルス感染症とは

  • 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
  • 鼻・喉などの呼吸器系の細胞の表面にある受容体から体内に侵入して感染します。ウイルスが変異し、増殖力の強いウイルスが、それまで流行していたウイルスに置き換わっていきます。

どのように感染するのか

  • 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。(WHOは、一般に、5分間の会話で1回の咳と同じくらいの飛まつ(約3,000個)が飛ぶと報告しています。)
  • 換気の悪い場所では、口や鼻から出されるウイルスを含む細かな水滴(マイクロ飛沫・エアロゾル)がそのまま空気中にただよい、離れたところにいる人に感染する可能性があります。

飛沫感染

   感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染することを言います。

接触感染

   感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ることにより粘膜から感染することを言います。WHOは、新型コロナウイルスは、プラスチックの表面では最大72時間、ボール紙では最大24時間生存するなどとしています。

感染予防のためにできること

  1. 換気をしましょう
  2. マスクは適切に着けてください(不織布マスクが有効)  
  • 不特定多数の人が集まるところで、マスクをはずさないでください。
  1. 感染対策が取られていない場所での飲食を避けてください
  2. できるだけワクチン接種を受けることをお勧めします(ただし、強制ではありません)
  • ワクチンを受けることができない人のことも、ご理解ください。
  • 正しい情報を周囲の人と共有することが大切です。

感染した場合の症状は、どのようなものか

  • 息苦しさ、倦怠感(だるさ)、発熱、咳、頭痛、喉の痛み、味覚・嗅覚障害など、症状は様々です。
  • 感染しても、無症状の場合もあります。

感染した方や、感染したかなと思った方へ

  1. かかったかなと思ったら、仕事・学校を休み、まずは検査を受けましょう(かかりつけ医または保健所へ電話)
  1. 検査が陽性だった場合は、保健所の指示に従ってください
  2. 風通しのよい部屋に自分を隔離して、周囲の人を感染から守りましょう(自宅療養の場合)
  3. 最初の症状が出てから1週間前後で症状が急に悪化することがあります

 ※症状が出てから後の数日は、ウイルスを排除するために身体が様々な反応を起こします。発熱をはじめとする様々な症状が出現します。保健所や医療機関に相談することが必要です。

感染後の後遺症は、若い人でも数か月間続くことがあります

  • ウイルスの鼻・喉からの排出量が大きく減り、社会への復帰が許可されてからも、後遺症の治療のために通院される方もいます。
  • 国立国際医療研究センターの調査では、退院2か月後で48%、4か月後で27%の方に何らかの後遺症があり、20歳代、30歳代の方では半数以上の方に後遺症が認められました。
  • 主な後遺症は、息切れ、疲れやすさ、集中力のなさ、味覚・嗅覚障害です。
  • 数か月しても症状が改善されず、仕事や日常生活に大きな支障がでる場合があります。

2回のワクチン接種を済ませた方も、引き続き感染予防対策が必要です

  • 新型コロナワクチンには、重症化を防いだり、発熱や咳などの症状が出ること(発症)を防ぐ効果があります。接種を受けていただくことで、重症者や死亡者が減ることが期待されています。
  • ただし、2回のワクチン接種を済ませても感染(重症化の可能性は低いとされていますが)することがあり、他の人に感染を広げる可能性もありますので、感染防止対策を継続していただくことが大切です。

外国人(がいこくじん)の皆さん(みなさん)へ

 (1) COVID-19について色々(いろいろ)な国(くに)の言葉(ことば)で説明(せつめい)します。

     COVID-19 Multilingual Guide *Information Paper Download available (外部リンク)

 

 (2) ながの医療(いりょう)情報(じょうほう)Net

     Search by correspondent language(外部リンク)

妊婦さんや子どもに関する情報

   厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&A(外部リンク)

相談窓口

長野県飯田保健福祉事務所(飯田保健所)健康づくり支援課

   電話:0265-53-0435(直通) 平日・休日 (24時間対応)

厚生労働省相談窓口

   受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

   電話:0120-565653(フリーダイヤル)

新型コロナウイルス関連及びワクチンについての聴覚障害者相談窓口(FAX・メールアドレス)

   FAX:03-3581-6251

   メールアドレス:corona-2020@mhlw.go.jp

   参考: 一般財団法人 全日本ろうあ連盟 新型コロナウイルス危機管理対策本部ホームページ(外部リンク)

外国人県民(がいこくじんけんみん)のための電話相談(でんわそうだん)

  長野県多文化共生相談センター(ながのけんたぶんかきょうせいそうだんせんたー)

   24時間(じかん)相談(そうだん)ができます。

   電話:080-4454-1899

参考情報など

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)