ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市役所と市議会の概要 > 市議会 > 飯田市議会 > 県知事と市長に対して農振除外手続に関する要望書を提出
議長・副議長の紹介
議員の紹介
市議会とは
飯田市自治基本条例について
会議予定と結果
会議録の閲覧について
議会運営委員会について
常任委員会の取り組み
特別委員会の取り組み
全員協議会について
広報・広聴の取り組み
議会改革の取り組み
検討委員会の取り組み
政策討論会
議員提案条例について
政務活動費について
請願・陳情について
傍聴について
行政視察受け入れについて
各種プロジェクト
議会事務局について
行事・イベント

県知事と市長に対して農振除外手続に関する要望書を提出

ページID:0077714 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月28日更新

飯田市議会から長野県知事と飯田市長に対して、リニア中央新幹線の関連事業等により移転をお願いする皆さんに係る農振除外手続に関する要望書を提出しました

10月に開催した議会報告・意見交換会におきまして、リニア推進特別委員会の所管に関するご意見等がありました。

リニア関連事業で市民の皆さまから寄せられているご意見を確認するため、急きょ11月24日にリニア推進特別委員会を開催し、現場で直接対応しているリニア推進部、建設部からの聞き取りを実施しました。

これらを基に、12月11日には、専門家から意見を聞く「駅周辺整備に関する研修会」を開催しました。

さらに、12月16日開催のリニア推進特別委員会では、11月18日に開催された「北条地区における市長との意見交換会」の詳細の説明を受けました。

また、同委員会において、移転を余儀なくされる住民、事業者の皆さんの生活設計、経営計画に対する不安をできる限り除去し、寄り添った対応が求められることをふまえて、多くの市民の皆さんからご要望が寄せられている、農振除外の手続の迅速化を求める「農振除外に関する要望書」を決定しました。

その後の12月18日の本会議において、関係機関(長野県知事及び飯田市長)に対して議会として要望書を提出することを決定いたしました。

今後も、リニア関連事業で関係する市民の皆さんの声をお聞きした上で議会としての対応を検討するとともに、駅周辺整備の実施計画策定に向けての調査研究を進めてまいる所存です。

 

令和2年12月 

リニア推進特別委員会 

委員長 井坪 隆 

 

 令和2年12月18日に南信州地域振興局長と、同月21日に飯田市長と要望書を手交しました。

 要望書(長野県知事) (PDFファイル/80KB) 要望書(飯田市長) (PDFファイル/76KB)

湯澤議長から南信州地域振興局長へ
[湯澤議長から市長へ]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)