ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 行政評価 > 飯田市議会 > 令和4年度「議会による行政評価」ステップ8として「市長への提言」を行いました
議長・副議長の紹介
議員の紹介
市議会とは
飯田市自治基本条例について
会議予定と結果
会議録の閲覧について
議会運営委員会について
常任委員会の取り組み
特別委員会の取り組み
全員協議会について
広報・広聴の取り組み
議会改革の取り組み
検討委員会の取り組み
政策討論会
議員提案条例について
政務活動費について
請願・陳情について
傍聴について
行政視察受け入れについて
各種プロジェクト
議会事務局について
行事・イベント
議会へのご意見
災害と向き合える議会

令和4年度「議会による行政評価」ステップ8として「市長への提言」を行いました

ページID:0099669 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年10月12日更新

令和4年「議会による行政評価」に基づく市長への提言

飯田市議会では、飯田市自治基本条例に規定されている市議会の責務を果たし、二元代表制における議会としての監視・評価を行うため、「議会による行政評価」を実施してきたところです。

令和4年度の「議会による行政評価」は、「いいだ未来デザイン2028」の中期計画、中間期審査にあたるため、評価対象とする基本目標を選定し実施しました。

また、事務事業については、各常任委員会の所管事務調査に関わりの深い事務事業、基本目標・年度戦略の評価において課題があると思われる項目に関連する事務事業等を選定し、決算審査とは別に評価を行うこととしました。これは、事務事業が予算決算に直結しており「議会の政策サイクルを回す」という視点「方向性の妥当性など上から下へ俯瞰する視点」及び「目標達成への貢献度や効果など下から上へ仰視する視点」を重視したいとの考えに基づくものです。

9月30日に議長から市長へ評価提言書を手交し、今後の「未来デザイン2028」の戦略計画の見直し、新年度予算編成への活用とさらなる市民サービスの向上に努められるよう依頼しました。

令和4年度議会による行政評価から「評価及び提言書」 (PDFファイル/1.79MB)

参考資料_2022(令和4)年度「議会による行政評価」実施要項 (PDFファイル/534KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)