ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市役所と市議会の概要 > 市議会 > 飯田市議会 > 「地域包括ケアシステムの構築は、地域の総力で」について 飯田市への提言
議長・副議長の紹介
議員の紹介
市議会とは
飯田市自治基本条例について
会議予定と結果
会議録の閲覧について
議会運営委員会について
常任委員会の取り組み
特別委員会の取り組み
全員協議会について
広報・広聴の取り組み
議会改革の取り組み
検討委員会の取り組み
政策討論会
議員提案条例について
政務活動費について
請願・陳情について
傍聴について
行政視察受け入れについて
各種プロジェクト
議会事務局について
行事・イベント

「地域包括ケアシステムの構築は、地域の総力で」について 飯田市への提言

ページID:0047742 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月8日更新

議会から「地域包括ケアシステムの構築は、地域の総力で」について提言しました

 飯田市議会では、社会文教委員会を中心として、益々進行する高齢者社会に対し、いかに取り組むかをテーマの一つとして、この2年間の委員会活動を進めてきました。

 具体的には、平成27年に議会として提言した「高齢社会のまちづくりを推進する新しい社会づくり」を念頭に、より具体的な検討をすべく、平成27・28年度の管内及び管外視察において、市内や先進地での取り組みを視察しました。特に平成27年度の議会報告会では、「病気になった時、病院や診療所の「かかりつけ医」は持っていますか」をテーマに意見交換を行い、市民の皆さんから率直な意見をいただきました。そこで出された意見をいくつかの課題としてまとめ、飯田医師会をはじめとする関係する団体等との懇談を実施し、今回への提言へと集約しました。

 これらを踏まえ、政策討論会での全議員よる討論、協議を経て、飯田市議会としての政策提言を取りまとめました。

 平成29年3月8日飯田市へ提言書を手交しました。

・提言書:議会からの政策提言について (PDFファイル/171KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)