ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

雨水は下水道に流さないで

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月19日更新

雨水の処理方法

下水道の処理方式には「合流式」と「分流式」がありますが、飯田市では「分流式」を採用しています。

「合流式」…雨水と汚水一体的に処理する方式
「分流式」…雨水と汚水を分けて処理する方式


雨水は雨水タンクや雨水浸透ますによって有効に処理するか、河川や側溝に流し、下水道には絶対に入れないようお願いします。

分流式

 

雨水の有効な処理方法

雨水の有効な処理方法として、雨水タンクや雨水浸透ますがあります。

人間生活に欠かすことのできない水は、多くを雨水に依存しています。
宅地に降った雨は集められて側溝を通り、河川に流れていきます。その結果、地下水量が減り、大切な湧水が減ってきています。また、既存の側溝や河川に大きな負担をかけています。
これは、洪水・上水道の渇水や地球温暖化などを引き起こす一因となります。

そこで、屋根に降った雨水を地下に浸透させたり、貯留槽にためて雑用水に利用することで、湧水を増やしたり、川や池の水をきれいにしたりすることにつながります。また水害の防止にも効果があります。


飯田市では雨水タンク、雨水浸透ますの設置補助を行っています。
詳しくは「雨水利用の補助制度」をご覧ください。

 

雨水利用


飯田市上下水道局
経営管理課水道課下水道課住所:長野県飯田市大久保町2534 Tel:0265-22-4511
下水浄化センター住所:長野県飯田市松尾明7716 Tel:0265-23-1772