ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > いいだ食育 > 飯田市食生活改善推進協議会の平成30年度総会と研修会を行いました

飯田市食生活改善推進協議会の平成30年度総会と研修会を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日更新

 4月13日(金曜日)の午後、飯田市役所C棟3階で飯田市食生活改善推進協議会の平成30年度総会と研修会を行いました。

 総会では議案の承認等が行われ、13分会、214人での活動がスタートしました。
今回は、川手会長の挨拶の後、原保健課長より来賓挨拶がありました。

会歌斉唱の様子  総会の様子
        会歌斉唱の様子                         総会の様子

川手会長の挨拶  原保健課長の挨拶
      川手会長の挨拶の様子             原保健課長の挨拶の様子

 


今年度の活動内容は

  1. 食生活改善のための学習活動(研修会、地区伝達講習会)
  2. 食生活改善講演会の実施(凍豆腐料理、牛乳料理の普及講習会)
  3. 朝食摂取を柱とした食育への協働活動
  4. 健康いいだ21の推進・地域健康づくり事業への協力活動(子ども料理教室、親子料理教室、男性料理教室など)

を中心に活動していきます。

また、総会後には飯田市美術博物館の櫻井学芸員を講師に「南信州の年中行事と食文化-正月行事を中心に-」を演題に研修会が行われました。

 

研修会「南信州の年中行事と食文化-正月行事を中心に-」

 約60名の会員が参加し、研修会が行われました。
飯田市美術博物館の櫻井学芸員を講師に「南信州の年中行事と食文化-正月行事を中心に-」を演題に講演をしていただきました。

 南信州の正月の様子について、門松の本来の意味や地域ごとの飾り方、また、正月行事の内容を地域ごとに説明していただきました。そして、正月料理である、御節やお供え料理、七草粥なども詳しく教えていただきました。

 現代は飽食の時代であり、食への感謝や祈りを忘れていることが多いので、年中行事の食を通して、日本人が培ってきた文化や歩んできた歴史を再確認することが大切であるとおっしゃっていました。

 食改の皆さんは、自分の家と比較しながら、真剣に講演を聞いていました。


研修会の様子  研修会の様子
                         【 研修会の様子 】

研修会の様子  研修会の様子      
                   【 食改の皆さん、真剣に講演を聞いています 】                                    

この研修会で学んだことを各地区で広めて、日々の生活に活かしていきたいと思います。

飯田市食生活改善推進協議会では、随時会員を募集しています。

問い合わせは、飯田市 保健課(りんご庁舎) 22-4511(内線5305)

管理栄養士まで