ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 結い[UI]ターン > 旧小笠原書院・小笠原資料館
結い[UI]ターン
インフォメーション
飯田市の紹介
飯田に移住しました(移住者の声)
結いターン 求人情報
住まい情報
子育て
暮らす
企業に勤める
「農」ある暮らし
起業する
学ぶ・遊ぶ・体験する
企業情報・採用情報

旧小笠原書院・小笠原資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月16日更新

 飯田市伊豆木にある旧小笠原家書院と資料館をご紹介します。

隣接する小笠原資料館は建築家ユニットSANAA(サナー)の設計によるものです。

書院の門

 場所は三穂伊豆木の491号線を入ったところにあります。 

旧小笠原家書院 は江戸時代の旗本伊豆木小笠原氏の居館のうち唯一現存するもので、
江戸時代初期1624年頃の建造と推定され、重要文化財に指定されています。

石垣のスロープ

石垣のスロープを上がると移築された城門が見えてきました。
資料館の下にある詰所で入館料を払います。

総コケラ葺きの屋根

総コケラ葺きの屋根は補修が行われて、きれいな状態でした。

懸造りの書院

右の写真 南側3分の1を崖上に突出した懸造りの書院になっています。
靴を脱いで内部の見学も出来ます。
職員さんがガイドをしてくださり、書院の由来や見どころを伺いました。

小笠原資料館

同じ敷地にある小笠原資料館は平成11年建築された建物です。
敷地の内側に向かって緩くカーブした細長い形をしており、2010年プリッカー賞を受賞した
建築家ユニットSANAA(メンバーの妹島和世さんは小笠原家由縁の方)の設計によるものです。

壁面に広く取った窓からは旧小笠原書院のたたずまいが眺められます

壁面に広く取った窓からは旧小笠原書院のたたずまいが眺められます。

近未来的な空間に歴史ある資料の展示がされているギャップ

近未来的な空間に歴史ある資料の展示がされているギャップが面白いですよ。
ゆっくり見学できますので、ぜひ一度お出かけください!

公開時間

 3月1日~11月30日:午前9時から午後5時まで  12月1日~翌年2月末日:午前9時から午後4時まで

休館日

毎週月曜日と国民の祝日の翌日及び年末年始

観覧料

一般(高校生以上)300円(200円)/小中学生150円(100円) ※( )内は20人以上の団体料金

駐車場

 あり 491号線沿い(JAみなみ信州三穂近く)にある駐車場が利用できます。

お問い合わせ

旧小笠原家書院・小笠原資料館
 飯田市伊豆木3942  地図(外部リンク)
 Tel:0265-27-4178

飯田市学校教育委員会
 Tel:0265-22-4511(代表)