ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 上下水道・浄化槽 > 飯田市上下水道局 > 水道事業の現状と水道料金改定の経過について

水道事業の現状と水道料金改定の経過について

ページID:0107558 印刷用ページを表示する 掲載日:2024年1月5日更新
令和6年1月から、飯田市(全域)の水道料金の改定を行います。
ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

改定後料金と開始時期はこちらへ

水道料金改定の経緯

 水道事業は、使用者の皆さまにお支払いいただく水道料金で、使用者の皆さまが使用する水道水を作る費用と施設等更新に必要な費用を賄う独立採算により経営しています。

 飯田市の水道事業は集中投資が行われた拡張期から40年以上が経過し、老朽化による大きな不具合は現在のところ発生していませんが、施設の劣化は日々進行しています。
 今後も安全安心な水道水を安定して供給するために、市内最大の妙琴浄水場をはじめ、送水管、配水池、ポンプ場等老朽化した施設の更新や耐震化を行う必要があります。

 このため、令和3年度に策定した「飯田市水道施設更新に係る基本方針」及び「妙琴浄水場更新計画」をもとに令和5年度から28年度までの24年にわたる建設改良計画をまとめ、建設改良事業費の総額は471億円余と積算しました。
 現行料金でこの建設改良事業を進められないかを基本に、発注方法の研究、事業費の平準化や経費節減の洗い出しを行い、将来にわたっての長期収支の見通しとあらゆる財源、料金のあり方について検討を続けましたが、やむを得ず平均改定率18%の改定の判断となりました。

 なお、下水道使用料は変更ありません。
 使用者の皆さまにはご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

水道事業の現状及び更新計画

水道事業の現状及び更新計画については、資料をご覧ください。

上下水道事業運営審議会での審議経過

飯田市上下水道事業運営審議会へ水道料金の改定について、令和5年1月20日に「令和5年10月から平均改定率18%」の諮問を行いました。
5回にわたる真摯な審議の結果、令和5年4月10日に「令和6年1月から平均改定率18%」の答申をいただきました。

審議の内容はリンク先のページをご覧ください。

今後の水道料金の見直しについて

今後は、3年ごとに行う飯田市水道事業経営戦略見直しに合わせ、建設改良計画の見直し、事業費の削減などを検討し、料金の検証を行います。

経営戦略の内容はリンク先のページをご覧ください。

水道事業へのご意見と回答

市長と語るまちづくり懇談会後にお寄せいただいたご意見と回答をまとめましたので、ご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飯田市上下水道局
経営管理課水道課下水道課住所:長野県飯田市大久保町2534 Tel:0265-22-4511
下水浄化センター住所:長野県飯田市松尾明7716 Tel:0265-23-1772