ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > いいだ食育 > 6月は食育月間です

6月は食育月間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月19日更新

 6月は食育月間です。飯田市では、「域産域消で結いの朝・飯・田(あさ・はん・だ)毎日食べよう 朝ごはん」をスローガンに、食育啓発の取組をしています。

食育啓発の取り組み

横断幕の掲示

 親子連れが多く通る動物園横のフェンスに横断幕を設置し、啓発しています。

 横断幕

市民ギャラリーへの展示

 市役所A棟1階の展示スペースとりんご庁舎オープンスペースでは、ポスターを展示をして呼びかけています。

 ・ 「域産域消で結の朝・飯・田(あさはんだ)毎日食べよう 朝ごはん」啓発ポスター

   「域産域消で結の朝・飯・田(あさはんだ)!毎日食べよう 朝ごはん」啓発ポスター (PDFファイル/307KB)

 ・ 消防団の朝食欠食率についてのポスター

   消防団の朝食欠食率についてのポスター (PDFファイル/618KB)

 ・ 朝食と夕食の共食率についてのポスター

   朝食と夕食の共食率についてのポスター (PDFファイル/246KB)

 ・ 域産域消の食育店「高原ロッジ 下栗」さんの紹介パネル (市役所のみ)

   詳しくは、域産域消の食育店 https://www.city.iida.lg.jp/site/syokuiku/shop.html をご覧ください。

 本庁  りんご庁舎
         市役所展示スペース                   りんご庁舎オープンスペース

市民バスによる食育啓発

 市民バス(循環線)4台の前面に旗を掲げ、「みんなで食べよう 楽しい食事」を呼びかけています。

 バス  バス②

各自治振興センター及び公民館、市内のキラヤさん、Aコープさんに朝食の啓発ポスターを掲示

 自治振興センター及び公民館、また市内のキラヤさん、Aコープさんに朝食の啓発ポスターを掲示しています。

 上飯田キラヤ 

毎月19日は「食育の日」

 毎月19日は「食育の日」です。飯田市では、今後も朝食を毎日食べること、共に食べることの大切さを伝えるとともに、市民の皆さんが主体的に取り組める食育を推進していきます。

朝食を毎日食べていますか?

 朝食欠食率(朝食を食べない割合)は、20歳代や30歳代の若い世代で高い傾向にあります。朝食は1日の活動をスタートさせるための大切なエネルギー源となり、「生活のリズムが整う」「脳が活性化し、集中力が高まり、勉強や仕事の能率が上がる」などの良さがあります。若い世代・働き盛り世代は、生活習慣病予防のためにも朝食を食べる習慣が大切です。まずは、おにぎりやバナナ、ヨーグルトなどそのままで食べられる簡単なもので構いませんので、毎朝、何か口にすることから始めてみませんか。また、朝食を食べる習慣は子どもの頃からつけていくことが大切です。

家族と一緒に楽しい食事を!

 家族あるいは地域の方、友達と一緒に楽しく食事することを「共食(きょうしょく)」と言います。共食は、「生活リズムが整う」「コミュニケーションの機会が増え、ストレスが減る」「主食・主菜・副菜がそろい、バランスよく食べることができる」などの良さがあります。現在は、多くの人が集まって食事をすることは難しいですが、「共食」の大切さは忘れないでください。

 新型コロナウイルスに負けない!

 細菌やウイルスから体を守る免疫機能を維持するためには、日頃の食事が大切です。
 特別なものを食べる必要はありません。身近な食材や、旬な食材をおいしく食べましょう。

 ステップ1 「毎日、3食食べる」

   「暑くなってきて食欲がないな…」「家にいるからお腹がすかないな…」と食事を抜いていませんか?  
   少しの量でもよいので、決まった時間に食べることで食事のリズムが整います。
   食事のリズムが整うことで、生活のリズムも整ってきます。

 ステップ2 毎食、「主食・主菜・副菜」をそろえて

   3つをそろえることで、栄養バランスが整います。

    主食(炭水化物)…ごはん・パン・麺類
    主菜(たんぱく質)…魚・肉・卵・大豆製品
    副菜(ビタミン・ミネラル)…野菜・きのこ・海藻

   1日のどこかで、乳製品・果物が加わるとさらにバランスがよくなります。

    乳製品(カルシウム・たんぱく質)…牛乳・ヨーグルト・チーズ
    果物(ビタミン)

    食事バランス

  ※ 糖尿病や高血圧、腎臓病等で食事制限をしている方は、指導内容に従ってください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)