ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

ページID:0079274 印刷用ページを表示する 

市民の皆さんへ 飯田市からのメッセージ

 飯田市を含む南信州圏域の長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベルは「 4 」です。
 8月末に比べ感染状況は落ち着きつつありますが、デルタ株と の戦いはまだ続きます。
 私たちの大切な命と暮らしを守るため、新型コロナに感染 しない、感染させないという強い思いを共有していただき、 ご協力いただきますようお願いします。

 

人権への配慮を

 新型コロナウイルス感染症をきっかけとして差別や誹謗中傷が生まれ、苦しんでいる人がいます。お互いを尊重し、支え合いながらコロナ禍を乗り越えていきましょう。

 新型コロナ誹謗中傷等被害相談窓口を開設しました

 新型コロナウイルス感染症に関連する誤った知識や不確かな情報により、感染者やそのご家族、医療従事者の皆さん、他の地域からお越しの方などに対して、不当な差別、偏見やいじめなどの人権侵害は、絶対にあってはなりません。
 また、SNSをはじめとした、ネット上のさまざまな出所や真偽不明の情報の拡散は、多くの方々の不安をあおり、不要な混乱を招きかねません。
 正しい情報のもとで、冷静な行動をお願いします。

シトラスリボンプロジェクトについて

 シトラスリボンプロジェクトとは、誰もが新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがある中、思いやりがあり暮らしやすい社会を目指す、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。
 シトラスリボンの3つの輪は、「地域」「家族」「職場(または学校)」を表しています。
 飯田市は、このプロジェクトに賛同し、伝統産業「飯田水引」で制作したシトラスリボンを用いた取り組みを進めています。

 偏見や差別を防ぎ、思いやりのある地域でありたいと願うこの取り組みに、皆さんもぜひご参加ください。

 飯田市のシトラスリボンプロジェクトの取り組みについて

イラストで見る「新型コロナ感染症の症状」

新型コロナウイルス感染症について、イラスト入りでわかりやすく説明いただいている資料・サイトをご紹介します。

(それぞれ飯田市の広報活動への利用の承諾を得ています。)

一般の方が抱く新型コロナ感染症のイメージと実際との違い

内科専門医 安川康介氏作成のイラスト(市長メッセージにリンク

新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書(デルタ株編)

諏訪中央病院 玉井道裕医師作成のイラスト(諏訪中央病院ホームページにリンク

感染が疑われる場合は

 次の症状がある方は飯田保健所の「新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口」(0265-53-0435 24時間対応)か、かかりつけ医にご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出は控えてください。休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。そのためには、企業、社会全体における理解が必要です。厚生労働省と関係省庁は、従業員の方々が休みやすい環境の整備のため、労使団体や企業への協力を依頼しています。

症状がある場合にはためらわずに受診を

 誰もが感染する恐れがある感染症であり、感染したくて感染する方はいません。感染拡大防止のためには、感染したことへの誹謗中傷を恐れて、症状があっても受診や検査を控えることは避けなければなりません。そのためにも、感染者や濃厚接触者への不当な偏見や差別、いじめ等が生じないよう冷静な対応をお願いします。

コロナ禍でも医療機関で必要な診察・健診・予防接種を受けましょう

 通院による感染への不安や医療機関に負担をかけたくないという遠慮から、本来必要な受診を控えてしまうと、病気の早期発見・早期治療、入院や手術などの医療判断が適切なタイミングで行われず、持病が悪化するなどの健康上のリスクを高めてしまいます。
 持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は、コロナ対策としても重要です。また、リハビリも可能な範囲で継続することが大切です。
 各医療機関ではこれまで以上の感染防止対策をしていますので、健康診断、人間ドック、がん検診、定期予防接種などを含め必要な外来診療を安心して受けることができます。
 いつもと違うなと感じたときは、自己判断で受診を控えることはせず、まずはかかりつけ医などに相談しましょう。

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

 上手な医療のかかり方.jp (厚生労働省)(外部リンク)(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症に関する相談

感染が疑われる場合は

【新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口】
 長野県飯田保健福祉事務所(飯田保健所)健康づくり支援課
 電話:0265-53-0435(直通) 平日・休日(24時間対応)

感染症に関する一般的なご相談

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)【厚生労働省】(外部リンク)(外部リンク)(外部リンク)

【厚生労働省相談窓口】
 受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
 電話:0120-565653(フリーダイヤル)

【長野県お困りごと相談センター】
 受付時間 8時30分~17時15分(土日・祝日を除く)
 電話:026-235-7077

長野県 相談窓口一覧(外部リンク)(外部リンク)

外国人県民(がいこくじんけんみん)のための電話相談(でんわそうだん)

【長野県多文化共生相談センター(ながのけんたぶんかきょうせいそうだんせんたー)】
 24時間(じかん)相談(そうだん)ができます。
 電話:0120-691-792

長野県多文化共生相談センター サポート情報(新型コロナウイルス関連)(外部リンク)(外部リンク)