ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

メガソーラーいいだの概要について

ページID:0000285 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

「メガソーラーいいだ」について紹介します

メガソーラーいいだは、中部電力株式会社と飯田市が共同で川路地区に設置した太陽光発電施設であり、平成23年1月に運転を開始しました。

平成19年に「環境文化都市宣言」を行い、平成21年には国から「環境モデル都市」として選定された飯田市にとって、メガソーラーいいだは再生可能エネルギー利用のシンボルとなる施設です。

施設の概要

  • 発電所名:メガソーラーいいだ
  • 所在地:長野県飯田市川路城山
  • 発電所出力:1MW(1,000kW)
  • 想定年間発電量:100万kWh(※一般家庭300世帯分の年間使用電力量に相当)
  • 開発敷地面積:約18,000平方メートル
  • 温室効果ガス想定年間削減量:約400トン
  • パネル枚数:4,704枚

設備の構成

太陽光パネルで発電した直流の電力は集められた後、パワーコンディショナーと呼ばれる電力変換装置に送られ、ここで交流に変換されます。その後変圧器により、接続する配電線と同じ電圧に上げて送電しています。

太陽光パネルは全部で4704枚であり、敷地面積のほとんどがパネルで占められています。パネル1枚あたりの最大出力は230wですが、大量のパネルを直並列することにより最大1,000kWの出力を実現しています。

太陽光パネルは、日照条件や地形等を考慮し、最適な配置、角度で設備されています。

PR施設「おひさまの丘」

敷地東側に展望台を兼ねたPR施設「おひさまの丘」があります。

この施設には、発電量を表示する電光掲示板が設置され、現在の発電量がわかるように表示しています。

電光掲示板の裏側には、ビデオシアターを用意してあり、VTRにより飯田市の概要をお知りいただくことができます。

また、太陽光パネルが太陽光を受けた時に発電することを体感できる施設として、小さなパネルがあり、太陽に向けると発電量に応じた鐘が素敵な音色を奏でます。

PR施設については、こちらもご覧ください。

メガソーラーいいだのパンフレット

メガソーラーいいだのパンフレットを掲載します。必要に応じてご利用ください。

メガソーラーいいだのご案内 (PDFファイル/1.98MB)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)