ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 環境モデル都市・飯田 > 環境省の脱炭素先行地域に選定されました

環境省の脱炭素先行地域に選定されました

ページID:0017659 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月1日更新

環境省の脱炭素先行地域に選定されました

2050 年二酸化炭素排出実質ゼロに向けて、環境省が2030 年までに先行して取り組む地域として募集する「脱炭素先行地域」に、飯田市と中部電力株式会社の共同提案が選定されました。

脱炭素先行地域とは、国が「地域脱炭素ロードマップ」及び「地球温暖化対策計画」に基づき、2030 年までに民生部門(家庭部門及び業務その他部門)の電力消費に伴う二酸化炭素排出実質ゼロを実現するとともに、そのほかの温室効果ガス排出削減についても、我が国全体の2030 年度目標と整合する削減を地域特性に応じて実現する地域。環境省は、少なくとも全国で100 地域を採択する予定です。

環境省のホームページはこちらをご覧ください。 環境省ホームページ(外部リンク)

<飯田市の提案の概要>
■対象エリア 川路地区全域及び市内全小中学校
■内容

・地域マイクログリッド構築によるレジリエンスの向上
・太陽光発電及び蓄電池の積極導入
・学校における脱炭素社会を担う人材育成   など

【アピールポイント】
・中部電力株式会社と協力して実施する既存配電網を活用した地域マイクログリッドは、大規模災害等による停電の発生時に、「メガソーラーいいだ」の電気を活用して復旧できる仕組み。川路小学校、川路保育園、川路5区公民館などの各避難施設及び周辺住宅に電力を供給することが可能。
・「2050 年いいだゼロカーボンシティ宣言」の実現に向けて、川路地区でマイクログリッド構築に合わせて再生可能エネルギーを最大限導入し、二酸化炭素排出実質ゼロの先鞭をつける。そこでノウハウを積上げ、2030 年以降に市内他地域、市外へも展開していく計画。
・国の交付金を活用して市内全小中学校に太陽光発電設備及び蓄電設備を導入して脱炭素化を図りつつ、川路地区の取組も併せて環境教育の題材にすることで、脱炭素社会を担う世代の人材育成を行う。

その他、提案内容の概略はこちらからご覧ください。 脱炭素先行地域提案内容の概要 (PDFファイル/766KB)

市長のコメントはこちらからご覧ください。 選定に対する市長コメント (PDFファイル/58KB)

中部電力株式会社のプレスリリースはこちらをご覧ください。 中部電力株式会社ホームページ(外部リンク)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)