ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
お知らせ
指定文化財等の紹介
各地区での文化財活用の取組み
文化財関連施設
埋蔵文化財(遺跡)の手続き等
指定文化財の管理・手続き等
リンク集1 (飯田市教育委員会等)
リンク集2 (文化財の紹介・研究等)

下伊那南部の朴葉餅

ページID:0085099 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月23日更新

木曽の朴葉巻・下伊那南部の朴葉餅(きそのほおばまき・しもいななんぶのほおばもち)

区 分:長野県選択無形民俗文化財(平成13年3月15日 長野県選択)

所在地:飯田市上村 他

概 要:

かしわもち

米の粉を捏ねた皮で小豆の餡を包み、ホオノキの葉でくるんで蒸し上げたものです。ホオノキの葉は楕円形で20cm以上にもなり、葉が大きくなる5月頃に作り、食されます。

上村では“柏餅”ともいいますが、標高が高くカシワ(ドングリの仲間)がないためホオノキをその代用としたとも、ホオノキを古くは“ホオガシワ(朴柏)”と言ったからとも考えられます。

参考文献:

『信州の郷土食 ―ふるさとの味と食文化―』長野県下商工会連合会婦人部(編) 1985