ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
お知らせ
埋蔵文化財(遺跡)の手続き等
指定文化財の管理・手続き等
指定文化財の紹介
文化財関連施設
リンク集1 (飯田市教育委員会等)
リンク集2 (文化財の紹介・見学・研究等)

麻績の里舞台桜

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月7日更新

麻績の里舞台桜(おみのさとぶたいざくら) 1本

区 分:飯田市天然記念物(平成23年3月22日 市指定)

所在地:飯田市座光寺2535

所有者:飯田市

はな

概 要:

胸高周囲約4m、樹高約12mの古木で、開花時の美しさで知られているシダレザクラ(※1)です。

特徴的なのは、5枚から10枚という不安定な花弁の数です。このような変異(※2)のサクラはほかには知られていませんが、財団法人「日本花の会」により、新品種と判定されています。半八重(はんやえ)シダレザクラともいわれています。

※1 シダレザクラ:枝が柔らかく、下に垂れるサクラの総称です。

※2 変異:同じ種類の生物の中で、形や性質が異なることをいいます。

はなびら

花弁の枚数は年により変動がありますが、平成16年の約500花のうちの出現率が報告されています。

5弁花 15%

6弁花 33%

7弁花 25%

8弁弁 19%

9弁花  7%

10弁花 1%

 

さくら

名前は隣接する旧座光寺麻績学校校舎にちなんだもので、平成17年に座光寺地域が公募して命名しました。

旧座光寺麻績学校校舎は、明治7年(1874)竣工の県内最古の木造校舎であり、県内最大の歌舞伎舞台を併設したもので、長野県宝に指定されています。

植えられた年代については諸説ありますが、『明治28年 座光寺尋常高等小学校日誌』に、

「四月六日 土曜日 晴れ 夜 前ノ櫻満開 本日二八学年度入学(以下略)」

とあり、明治28年(1886)にはある程度の大きさになっていたことがわかります。

 

見学・注意事項

○最新の開花状況は以下から確認できます。

さくらさく(飯田市観光課)
座光寺麻績の里 ライブカメラ(外部リンク)(飯田CATV)

○根を痛めますので、柵内へ入らないようにしてください。

○見学や写真撮影は、周辺にお住まいの方へご配慮ください。

交通・アクセス

○駐車場有

○JR飯田線「元善光寺」 徒歩10分

○信南交通 広域バス阿島線「元善光寺入口」 徒歩7分

書籍案内 ~もっと知りたい方へ~

『私たちのふるさと 座光寺』 「私たちのふるさと座光寺」編集委員会 2009

飯田市立図書館(外部リンク)でご覧いただけます。