ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 文化財 > 文化財保護いいだ > 史跡「恒川官衙遺跡」の現状変更等許可申請
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・工事 > 申請(工事関係) > 文化財保護いいだ > 史跡「恒川官衙遺跡」の現状変更等許可申請

史跡「恒川官衙遺跡」の現状変更等許可申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

 

史跡「恒川官衙遺跡」の現状変更等許可申請

 座光寺地区に所在する国指定史跡「恒川官衙遺跡」の中で、現状を変更する行為や、保存に影響を与える可能性のある行為(現状変更等)を行おうとする場合には、文化財保護法第125条に基づき、許可の申請が必要となります。 

確認方法

 工事等を、飯田市座光寺に所在する恒川遺跡群のうち、JR飯田線元善光寺駅東側から国道153号バイパスまでの間で計画されている場合、「史跡恒川官衙遺跡」の指定範囲に該当している可能性が高いので、飯田市教育委員会生涯学習・スポーツ課文化財活用係にてご確認ください。

計画地が該当する場合、許可申請が必要となるもの

以下の工事などは申請が必要です。

・建築物の建替え・増築・改築または除却
・上下水道施設やガス管等の地下に埋設された施設の改修・設置・除却
・工作物の設置・改修または除却
・道路の管理のための修繕、改修工事
・土地の掘削、盛土、切土などによる地形改変
・木竹の伐採、植栽
・発掘調査及び保存整備
・公園などの管理のための修繕、改修工事
・その他史跡の保存に影響を及ぼす行為
※住宅や庭の日常的な手入れ、通常の耕作などは申請の必要はありません。
※指定地内での漏水や下水道管の破損などの非常災害で、復旧に緊急を要する場合は、申請の必要はありません。

現状変更等が認められないもの

以下の行為は現状変更等が認められません

・史跡の滅失、き損または衰亡のおそれのある場合
・史跡の景観の阻害、または価値を著しく減じると認められる場合
・保存活用計画に定められた取扱基準に反する場合

許可申請の手続き

下記の書類を生涯学習・スポーツ課文化財活用係へ提出して下さい

現状変更等許可申請書 3部

申請書ダウンロード
 現状変更許可申請書様式 (Wordファイル/20KB)
 現状変更申請記入例 (PDFファイル/99KB)

添付書類 3部

・設計仕様書及び設計図(平面・立面・基礎伏図など)
・申請地とその周辺を示す地図(案内図・公図・実測図など)
・着工前の現状写真(横17×縦12cm)
・現状変更等が必要なことを証明する資料(工事が他の法令に基づく場合)
・所有者または占有者の承諾書
・手続きを委任する場合は委任状 

現状変更等の手続きの流れ

・現状変更の内容により、文化庁長官が許可するものと、飯田市教育委員会が許可するものがあります。
・現状変更等の内容によっては申請から許可までに時間がかかる場合もあります。計画の初期段階で必ずご相談ください。

現状変更等の手続きの流れ 

現状変更等が許可された後に必要なこと

・現状変更等の着手前に生涯学習・スポーツ課文化財活用係へ連絡していただき、立会調査等を行います。
・現状変更等が終了後、「現状変更等終了報告書」を国へ提出します。(書類作成のお手伝いをさせていただきます。)

現状変更等終了報告書ダウンロード
 現状変更終了報告書様式 (Wordファイル/17KB)
 現状変更終了報告書記入例 (PDFファイル/99KB)            

 許可後の手続きの流れ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)